地元の大学生と交流できる、大学付設の語学学校

大学付設の語学学校とは、現地の大学の敷地内や、大学校舎内に併設されている語学学校のことです。フィリピンの大学付設の語学学校は、日本人や韓国人が土地を借りて運営しており、大学とは経営が異なる場合も多いです。

また、学校によっては大学の講義の一部を聴講できたり、イベントに参加できたりする学校もございます。


おすすめ校① CEGA

おすすめポイント

『ブライティック大学』の校舎内にあり講義を聴講できる
・ブライティック大学主催のアクティビティに参加もできる(月1-2回程度)

アットホームで小規模な年齢層高めの日本人経営校

満足度
88
129,400円~
(4週間)
  • スピーキング特化
  • マンツーマン授業特化
定員:
50人
日本人割合:
95%
日本人スタッフ:
4人
ネイティブ講師:
なし
学校規則:
自由

フィリピン・セブ市中心部にある日本資本の語学学校です。授業の相談、日常生活のサポートなど、日本人スタッフが留学をサポートします。短期間で会話力を伸ばせる最新メソッド「DMEメソッド」が導入され、スピーキングを強化したい方におすすめです。

おすすめ校② CDU ESL

おすすめポイント

・医療系の大学『Cebu Doctors’University』(セブ医科大学)の付設校
校舎は大学の隣にあり、地元の医大生の寮も同じ建物

セブ医科大学付設校で充実した英語留学

満足度
76
153,000円~
(4週間)
  • TOEIC対策
  • IELTS対策
  • 医療英語
定員:
200人
日本人割合:
40%前後
日本人スタッフ:
4人
ネイティブ講師:
なし
学校規則:
標準

セブ島マンダウェ市にあるセブ医科大学付設の英語学校です。学校内は監視カメラ、指紋認証システム、ガードマン常駐で安心の留学生活を実現します。ショッピングモールまで車で2分の便利な立地です。

おすすめ校③ LSLC

おすすめポイント

・『サンアグスティン大学』の付属校で、大学内の施設を自由に使える
講義の聴講、修了証の授与も可能
現地の大学生と交流してみたい方は6月~10月中旬/11月~3月下旬に

田舎町にある大学付設校

満足度
80
U$1,230
(4週間)
  • スピーキング特化
  • ビジネス英語
  • TOEIC対策
  • TOEFL対策
  • IELTS対策
定員:
240人
日本人割合:
10%前後
日本人スタッフ:
1人
ネイティブ講師:
0人
学校規則:
標準

ネグロス島バコロド市の中心部にある韓国資本の学校です。大学敷地内にある為、フィリピンの大学生活の雰囲気を感じながら留学できます。