プライベートも満喫できる、厳しくない校則の学校

セブ島をはじめフィリピンの語学学校は、生徒さんの安全と学習環境を守るため、門限や、学校や寮内での飲酒制限、異性の部屋への出入りを禁止する等の規則を設けています。

一方、一部の学校ではこのような制限が少ない大人向けの学校もございます。規則が厳しくない環境で過ごすことには、自己管理が求められます。その代わり、自分のペースと生活リズムで自由な留学ができます。ここでは、そのような自由な規則の学校を挙げていきます。


おすすめ校① GLC(旧IDEA CEBU)

2022年移転後は校則が緩く生徒さんの自主性を優先しています。

おすすめポイント

門限がなく、規則も他校に比べて自由度が高い。
学校はセブ島中心部の飲食店が多いエリア。2つの大型ショピングモールまで車で10分ほどの好立地。

日本人経営の大型校

セブ島語学学校GLCのキャンパス外観
満足度
85
U$1,500
(4週間)
  • スピーキング特化
  • TOEIC対策
  • TOEFL対策
  • IELTS対策
  • オンライン
授業のシステムや放課後のバス運行など満足度の高い留学生活が送れます。
定員:
400人
日本人割合:
70%
日本人スタッフ:
3人
ネイティブ講師:
なし
学校規則:
スパルタ

セブ島セブシティ中心部の学校。毎日3食、門限も厳しくないので社会人や親子留学にもおすすめです。日本人職員が複数人おり海外初心者にも安心して留学生活が送れます。

おすすめ校② Grandline

おすすめポイント

学校の教室のある建物まで徒歩1~2分のコンドミニアム寮から通う自由な留学生活
・コンドミニアム寮は1LDKのお部屋。ジム、プール完備

本気でビジネス英語を身につけるならココ

Grandline_Manila
満足度
-
149,000円~
(1週間・食事代別)
  • スピーキング特化
  • マンツーマン授業特化
  • ビジネス英語
生徒毎の授業カスタマイズがしっかりできている学校です!
フィリピン留学エージェント スタッフ
定員:
52人
日本人割合:
95%
日本人スタッフ:
3人
ネイティブ講師:
0人
学校規則:
自由

フィリピンの首都マニラにある学校。留学後に実際に英語を使う場面のために、留学前に詳しくヒアリングし授業内容を希望に合わせてカスタマイズしてくれます。

おすすめ校③ MeRISE

おすすめポイント

門限なし。規則は他校に比べて自由度が高い
校舎はセブ中心部で、周辺にはショッピングセンターや飲食店もあります。
2019年築の校舎

ビジネス英語まで学べる社会人向け語学学校

セブ島MeRISE
満足度
89
170,000円~
(4週間)
  • ビジネス英語
  • TOEIC対策
定員:
50人
日本人割合:
100%
日本人スタッフ:
3人
ネイティブ講師:
なし
学校規則:
自由

セブ島セブ市にあるビジネス英語が学べる日系の学校です。実践力なスピーキング力に重点をおいた独自のカリキュラムを有し、実践的な要素も取り入れています。社会人留学生特有のニーズに応えてくれる学校です。

おすすめ校④ Stargate

セブ島の街の中心部で利便性も良く、治安面の不安の少ないエリアの学校です。

おすすめポイント

生徒の安全を確保するため門限はありますが厳しいものではありません。
周辺には飲食店や大型ショッピングモールも近いです。

おすすめコース

パワースピーキングコース

英語初心者・海外初心者に特におすすめ

満足度
98
U$1,250
(4週間)
  • スピーキング特化
  • マンツーマン授業特化
  • TOEIC対策
屋上プールからセブシティが一望できます。
定員:
75人
日本人割合:
50~80%
日本人スタッフ:
3人
ネイティブ講師:
なし
学校規則:
標準

セブ島セブ市内の新築マンション内にある日本資本の小規模校。スピーキング重視のカリキュラムですが、中学英語すら忘れてしまった初心者のために、日本人講師によるグラマー動画授業もあります。セブシティを一望できる屋上プールや、有名レストランのオーナーシェフが監修する食事も魅力的。