人気急上昇中!イロイロ・バコロドへのマニラ空港乗り換え方法

フィリピンへの留学はまだ圧倒的に、「セブ島」というイメージが日本人には強いようですが、最近は日本人留学生が少なく、勉強に集中できる、さらに治安も良いエリアとして「イロイロ」や「バコロド」の学校の人気が高まってきています。

フィリピンの首都マニラからの飛行時間は約1時間、あっという間に到着できる穴場の留学先です。

まだほとんどの日本人には知られていない地域のため、残念ながら日本からの直行便が就航していません。
そのため、イロイロやバコロドの学校へ行くには「マニラ」、または「セブ」で乗り換えが必要です。

セブでの乗り換えはさほど難しくはないため、ここではマニラのニノイ・アキノ国際空港(以下マニラ空港)での乗り換えについて解説いたします。

マニラ空港では「発着ターミナル」に注意

マニラ空港には4つのターミナルがあります。

各ターミナル間はバスやタクシーで移動が必要なぐらい離れているため、できれば乗り換えは同じターミナルでできる方がおすすめです。
そのため、日本→マニラの航空券と、マニラ→イロイロ/バコロドの航空券は同一の航空会社を選びましょう。

旅慣れている人にはそれほど難しいことではないかもしれませんが、初めてのフィリピン、ましてやこれから英語を勉強する人にとってはターミナル移動は難しいでしょう。

マニラ空港のターミナルと発着航空会社

ターミナル1
ほとんどの便が国際線です。
ジェットスターやJALがこのターミナルに到着します。
国内線ターミナルのT2またはT3への移動が必要です。タクシーか循環バスになりますが、このターミナルからの乗り換えはあまり推奨しません。
ターミナル2
基本的にはフィリピン航空の発着便はすべてこのターミナルです。
飲食店等はほぼありません。
国際線到着ロビー1Fから、国内線出発ロビーの3Fへ移動してください。
ターミナル3
セブパシフィック航空やANAがこのターミナルです。
一番きれいなターミナルで、飲食店のフロアがあり深夜早朝便でも比較的安全に過ごせます。
国際線到着ロビー1Fから、国内線出発ロビーの3Fへ移動してください。
ターミナル4
LCCの国内線の発着が多いです。
エアアジアはこのターミナル発着です。

日本からはセブパシック航空かフィリピン航空で!

以上を考慮すると、マニラ空港での乗り換えがスムーズにできるのはターミナル2または3になります。

そのため、航空会社はセブパシフィック航空(T3)フィリピン航空(T2)で、国際線(日本⇔マニラ)も国内線(マニラ⇔目的地の空港)も揃えて買うのがおすすめです。

関連記事