学校の所在エリア

学校の所在エリア

セブの英語学校というとセブ市の学校とマクタン島の学校に大別されます。セブ市を一言で表現するなら”街”で、マクタン島は”ビーチリゾートエリア”です。

どちらを選んでも、セブ市の中心からマクタン島のビーチリゾートエリアの最も離れている所まで、タクシーで小1時間程(片道約5~600円)なので週末を利用すればそれぞれに簡単に行けるので各人の好みで留学先を選ばれるのが良いでしょう。

利便性を追求する方にはセブ市にある学校をお勧めいたします。セブ市には巨大ショッピングモールや、中規模の百貨店等がいくつもあります。また、タクシーも簡単に見つかり飲食店の数が多く外食を気軽に楽しめます。特に12週間以上の中長期語学留学の方は便利なほうが何かと良いと思います。

マクタン島の場合も学校によっては百貨店や小規模モールが近くにありますが、基本的にビーチリゾートエリアなどは観光地の為、外国人が求めるようなレストランはセブ市に比べると少し割高なお店も多い印象です。

また、タクシー運転手が割増運賃を請求してくることがセブ市に比べて多く、距離、時間帯、行き先等にもよりますが交渉すれば大分、値段を適正値に下げてもらえるのですが煩わしく感じることがあるかもしれません。

しかし、マクタン島は世界的な観光地ですし勉強だけでなく、週末はビーチリゾートを幾つも訪れたいと考えている方、早朝ダイビングを楽しみたいと考えている方、海の近くがどうしても良い方、短期留学で放課後の空いている時間に少しでもビーチリゾート等に多く訪れたいと考えている方には合っていると思います。