学校規模の大小


セブには学生定員数が50人前後の小規模校と、200~500人超の大規模校があります。

小規模校の場合、学校全体がすぐに顔見知り、友達・家族のような雰囲気になり、アットホームな雰囲気の中、勉強に励むことができると思います。

大規模校の場合、始めは同じ時期に入学した者同士がグループとなって行動していることが多いようですが、徐々にルームメイトやグループ授業等を通じて友達が増えていくようです。
大規模校の利点は、十分な生徒数が在籍しているため、グループ授業のクラス分けがより細かく行われている点です。
(Stargateのように小規模校でも特に人気のある学校の場合は、オフシーズンでも定員数に近い十分な生徒がおり、細かいレベル分けがされているようです。)

たまに、学校によっては生徒数の関係上、本人のレベルよりも高いグループ授業クラスに編入されてしまい、クラス内の会話が理解できない、発言がし辛いなどということが発生します。もちろん、学校職員に申請してクラスを変更することは可能ですが、そういったリスクが低くなると言えます。

また、セブ留学後に、カナダやオーストラリアに移って留学を検討している方の場合は、生徒数が多い学校のほうが同じ境遇の者に出会える確立が高くなり、学校内が次の留学へ向けての情報収集の場としても活かしやすくなります。