ネイティブ講師の有無


セブの語学学校には、フィリピン人講師だけが授業を行っている学校と、ネイティブ講師が在籍する学校があります。

ネイティブ講師がいるメリットは、教科書英語になりがちなフィリピンでの授業で、(流行り言葉という意味ではなく)現代風の話し方や、ナチュラルな話し方についても学びやすいことです。

フィリピン人講師達の英語レベルは日本人から見れば高いのですが、やはり母国語とは違うので、高いレベルの授業内容になれば、より英語レベルの高い者に確認が必要なこともあるようで、フィリピン人講師達が、ネイティブ講師に文法や表現方法等を確認している姿を見かけることがあります。

また、フィリピン人講師と英語で話すことに慣れた生徒からも、ネイティブスピーカーと話すと萎縮してしまうという話も時々、耳にすることがあるので、ネイティブ講師と会話する雰囲気にもセブ留学中に慣れておくのがベストでしょう。

しかし、英語初心者の短期留学であったり、英語習得目的が旅行英語や、リタイヤメント後のアジアや非ネイティブ圏での海外ロングステイ等であれば、それ程ネイティブ講師の授業に拘らなくても良いかもしれません。

現在の英語レベルが前中級以上の生徒か、留学期間が比較的、長い生徒はネイティブ講師が在籍する学校・コースを、出来ればお勧めいたします。

なお、ネイティブ講師の授業がある学校でも、一定英語レベルに達していない英語初心者の場合は、少人数制のフィリピン人講師の授業にクラス分けされる学校があるので、特にネイティブ講師の授業に拘る方の場合はお問合せください。

それと、フィリピン人講師だけしか在籍しない学校でも、リスニング教材やCNN動画等を効果的に取りいれ、ネイティブの発音・スピーキングスピードに慣れさせる工夫がされており好評です。