日本人スタッフの有無

一般的に日本人職員が在籍している学校には、様々な利点がありますが、反面、どうしても英語初心者を中心に日本人生徒の割合が高くなることが多いです。

メリット
  • 到着日当日の日本人職員による空港お出迎えがある。
    (学校によっては、日本人職員が空港お出迎えは担当していない場合がございます。不安な方は弊社の日本人職員空港お出迎えサービスをご利用ください。)
  • 登校初日のガイダンスが日本語で行われる。
  • 日常的な日本語でのサポートが受けられる。
  • 学校内の掲示物も重要なものは日本語で書かれている。(韓国資本の学校は韓国語での掲示が多く、外国人生徒向けに重要なものだけ英語を併記)
デメリット
  • 英語初心者を中心に日本人生徒が集まる傾向が強く、授業外で日本語を避けることが難しい。
  • 日本人職員が1名程しか在籍していない学校の場合、急に退職したり、都合で長期休みに入る場合に、日本人職員に日本人生徒の管理を任せきっていた学校だと混乱が生じやすい。

日常的な日本語サポートを希望される方は日本人職員が複数人、在籍している学校をお選びください。

日本人スタッフの在籍している学校を希望される方も多いですがデメリットもあります。
弊社では、学校に常駐する日本人職員のような日常的な行き届いたサポートとはいきませんが、お手伝いさせていただきますので、日本人スタッフがいない学校でも大きなマイナス点ではないと思います。

なお、弊社にて日本人職員が不在の学校に留学中の生徒のサポートを行う場合では、学校の日常的な質問等は、英語初心者の方でも英語の勉強として、まずは学校のフィリピン人職員に英語で質問をしていただいています。

ご自身で英語を使って質問し、問題が解決できた場合には、自信につながりますし、また、学校職員と交流をすることで、学校生活がより円滑かつ楽しいものになっていきます。なにしろ、フィリピン人はフレンドリーなので、学校職員も勉強以外(勉強に関することもですが)の話をするのが大好きですから!

もちろん、それでも解決できないような場合や緊急を要する場合等には、弊社までご連絡いただければ、精一杯サポートさせていただきます!

また、不安だという方のために、当社では各種サービス(有料)もご用意しておりますので、お気軽にご相談ください。