フィリピン留学の持ち物

基本の持ち物

出国関連

パスポート
残存期間が入国時、6ヶ月以上+滞在日数以上残っているのかを確認。
2枚コピーして、1枚は財布等に入れて携帯して、もう1枚は紛失等に備えてトランク等にしまっておいてください。
航空券
必ず往復チケット(フィリピンの後、第3国に出国する場合は復路分のかわりにその行程分のチケット)を購入し、紛失に備えてコピーを別に保管する。
航空券に関する詳しい情報はコチラをご覧ください。
お金
日本主要空港の一部両替所でフィリピンペソへの両替可能。セブマクタン国際空港、マニラ国際空港でも可能。
また、登校初日に学校職員が両替所を案内してくれます。

ビザ関連

ビザ
日本では準備不要。30日以内の滞在は査証不要(但し、旅行会社が案内する方法で航空券を正しく購入することが条件)。
30日を越えて滞在する場合は、現地で延長可能。

稀に日本側空港の出国審査時にフィリピンでのビザをどうするか聞かれることがあります。そのときは、「現地で延長する」とお答えください。

証明写真
SSP(フィリピン国就学許可証)発行やビザ延長手続きの際に必要です。
原則、サイズが5×5cm、背景色は白、眼鏡非着用のものをご用意ください。

学校や留学期間によって必要な証明写真の枚数が異なりますので、留学お申込み後に、弊社より個別に案内メールを差し上げます。

学業関連

辞書
現地購入:不可

調べやすくて、かさばらない電子辞書を持ってくる生徒が多いです。
詳しくは電子辞書をご確認ください。

英語学習の本
現地購入:不可

日本語で説明の書かれた英語文法本、単語集を必要な方は持ってきてください。

ノート、筆記用具
現地でも購入可能。
ただし、入国カード記入の際に必要ですので、ボールペンを機内持ち込み手荷物の中に携帯しておいて下さい。

一般・生活用品

海外旅行保険証
現地購入:不可

おすすめの海外旅行保険については、海外旅行傷害保険のページをご覧ください。

銀行の国際キャッシュカード・クレジットカード
現地購入:不可

International用‘Cirrus’、‘Plus’マークが記載されている銀行の国際キャッシュカードまたは、クレジットカード。

クレジットカードのキャッシング機能の場合はATMから現金が下ろせないトラブルが多数、報告されているので要注意です。
留学開始までに時間がある場合は新生銀行等で銀行の国際キャッシュカードを作ることをお勧めします。作る時間がない場合は、念のため、現金を多めに持っていくほうが確実です。

衣類
夏物衣類(Tシャツ、半袖シャツ、夏物ショーツ、下着、靴下等)
冷房が苦手な方は、長袖もご用意ください。
帽子、サングラス等もあると便利です。
履物
運動靴、サンダル、室内用スリッパ など
洗面道具
歯磨き粉、歯ブラシ、石鹸、シャンプー、カミソリなど
タオル3~枚ほど(但し、英語学校Cleverlearnではバスタオルが週2回提供されます。)
医薬・化粧品
医薬品:風邪薬、下痢止め、消化薬、うがい薬、目薬、虫刺されの薬 等
化粧品:日焼止め他、化粧品一般(肌の弱い方は持参するのをお勧めします。)
生理用品
日本の物が、やはり性能が良いです。
現地調達ももちろん可能ですが、持っていくと快適かもしれません。
眼鏡・コンタクトレンズ
コンタクトレンズの洗浄液は購入可能ですが、種類によっては入手できないものもあります。
雨傘、日傘
デジカメ
現地でも購入可能ですが、英語仕様となります。
ノートパソコン
現地でも購入可能ですが、英語仕様となります。
目覚まし時計
携帯にもついていますので、単体では必要ないかもしれませんが、スパルタ式など、遅刻に罰則がある場合等や、朝起きるのがが苦手な方は、予備で持っていくと良いかもしれません。
変圧器
電気カミソリ等の日本仕様の電化製品を御使用する方は変圧器が必要になります。ノートパソコン等で海外の電圧に対応している製品であれば必要ありません。フィリピンの電圧に関してはこちらをご覧ください。
水着・水中眼鏡等
水着類はデザイン等にこだわり無ければ日本よりもとても安いです。
耳栓
特に相部屋の方は持ってきたほうが良いと思います。
ダイヤルロック
短期滞在者等でリュックサック等で行く場合は、リュックに鍵をつけてください。
その他
余裕があれば、、ポケットティッシュやトイレットペーパー、綿棒等を入れておくと良いと思います。
ティッシュ類は日本より値段が数割程、高いです。

英語学校Cleverlearn、First English以外では、寮の各部屋のトイレットペーパーをご購入いただくルールになっています。ご了承ください。

日本の電化製品の使用

フィリピンは220ボルトの60ヘルツで、日本と同じAタイプのプラグ形状が一般的です。
電圧が220ボルトで日本と異なるため、変圧器が必要になります。

変圧器はセブのホームセンターで日本よりも安価に購入できますが、粗悪ですぐに壊れてしまう品もあるようなので必要な方は日本から持参するか、セブで購入する場合も、使用しないときには、コンセントを抜いておくようにしましょう。

一般的にドライヤーは電力が高いので、安い(小さい)変圧器では、使えない可能性が高いです。ドライヤーは弊社CEBU Englishのレンタルサービスをご利用いただくか、拘りがある方は、日本で220Vに対応しているドライヤーを購入する、または、現地ショッピングモールでご自身で確かめてご購入ください。

旅行や海外出張を想定して作られているノートパソコンやデジタルカメラ、電気カミソリ等は100-240V対応の物がほとんどのようです。
ご使用予定機器のマニュアルか、充電器やACアダプタに何ボルトまで対応しているかが書かれていますのでご確認ください。

また、携帯音楽機器や、携帯ゲーム機は海外の電圧に対応していない物も多いようです。十分にご注意ください。

ノートパソコンの持参

インターネットで日本にいる家族や友達と連絡をとったり調べ物をする場合は、スマートフォンやタブレット型のPC(Ipad等)で十分ですが、ライティングの宿題や、プレゼンテーション授業の準備等では、簡単に書いたり文章の手直しができるノートパソコンが便利です。

ノートパソコンを持っていない場合は、わざわざ買う必要はありませんし、近年の留学生でもノートパソコン、スマートフォン等を持っていかない方も多くいて、その場合は、ネットの調べ物は学校内の共用パソコンで済ませ、ライティングの宿題などもノートに書いております。

持参するノートパソコンにはウイルスセキュリティソフトの導入を忘れないようにしましょう。

過去に、USBメモリーで写真データを渡したところ、USBメモリーにウイルスが入っていて感染したという被害もありました。

もしもの時のために準備しましょう!

パスポートと航空券のコピー
紛失に備えて2枚ずつコピーし別々のカバンに入れて保管してください。パスポートを紛失した場合、証明資料として利用します。
留学ガイド
留学お申込み後に、弊社から空港出入国カードの記入例や到着時待ち合わせ方法が書かれた留学ガイドがメールで届きます。
印刷して持っていくと安心です。