【安い・安心・楽々!】留学中にダイビングライセンスを取得しよう!

こんにちは。
フィリピン留学エージェント、セブイングリッシュのケイコです。

温暖な沖縄では3月~4月から、関東・関西では7月上旬、東北地方では7月下旬から海開きシーズンに突入、8月上旬には全国各地の海水浴場で遊泳ピークを迎え、短い夏を楽しむ人々でにぎわいます。

海開きとは各海水浴場で決められている遊泳期間の開始日のことなのですが、四季のある日本では期間は夏に限られてしまいます。

一方、年中夏のフィリピンでは、天候さえよければ通年泳ぐことができます!

特にセブ島は海に近く、シュノーケリングやダイビングを気軽に楽しめるスポットが数多くありますよ!

せっかくならセブ島留学中にダイビングライセンスを取りたい方必見!

お役立ち情報をまとめてみました!

1.セブ島(マクタン島)でダイビングライセンスを取得するメリット

日本でのダイビングライセンス取得と比べてメリットが多いセブ島のお隣、マクタン島でのライセンス取得。

おすすめポイントをはこちら↓↓

1-1.時間、費用、体力がセーブできる

留学生にとって英語学習がセブ島渡航のメインなので、時間はなるべく節約したいところ。

セブ島でのライセンス取得は2日間の講習で完了するので、土日のフリータイムを使って受講できます。

セブ本島からマクタン島まで片道1時間の距離なので、ショップへの移動の時間もセーブできます。

また、ほとんどのダイビングショップは海沿いにある為、ショップから実技の場への移動も楽々。

もし東京でライセンスを取得する場合、講習は東京都内で受けて、実技は伊豆(東京から片道約3時間)へ移動する必要があるそう。。

費用面でも日本での取得と比べて半額近い料金で取得できるのでかなりお得感がありますよ。

ダイビングの機材は重さ約10キロですが、マクタン島では海が目の前なので、機材を抱えて延々と歩く必要もなく体力がセーブできます。

また水温は年間を通して大体30度くらいなので、身体の負担も少なくダイビングが楽しめます。

1-2.日本人インストラクターによる講習

海外でのダイビングライセンス取得にネックになるのが言語。

実は私はオープンウォーターのライセンスをマクタン島のフィリピン人経営のダイビングショップで取得したのですが、英語での受講はハードルが高いと感じました。
(教材は日本語だったので、予習復習を必死でしました)

マクタン島には日系のダイビングショップが数軒あり、日本人インストラクターからレクチャーを受けることができるので安心です。

1-3. 早期取得で留学中にダイビング三昧

留学開始から早い段階でダイビングライセンスを取得すると、留学中にダイビングを思いっきり楽しむことができます。

セブ島にはダイビングスポットが沢山!

オスロブではシュノーケリングでもジンベエザメが見られますが、ダイビングだと違った角度からジンベエザメを見ることができます。

ダイビング初心者の方はマクタン島近郊の海洋保護区でも十分楽めるのですが、場数を踏んでダイビングに慣れてくるとセブ島遠方のポイントに挑戦できるかも??

ウミガメとの遭遇率が高いモアルボアル、透明度抜群のスミロン島の海洋保護区、珍しいニタリザメに会えると人気のマラパスクア島など、世界中のダイバーを魅了するスポットがあるので、インストラクターと相談しながらレベルに合ったチャレンジをすることができますよ!

日本人インストラクターと一緒にダイビングすると、魚の説明を日本語でボードに書いてもらえるので、ライセンス取得後のダイビングも日系のショップが断然お勧めです。

2.ダイビングライセンス取得は信頼できるショップで!

以前、留学生からの被害報告で、格安を謳ったダイビングショップ(日系ではないショップです)でライセンス取得コースを受講したものの、筆記試験の結果通知も届かず、ライセンスの発行もうやむやにされてしまったというケースがありました。

ダイビングショップを選ぶときには実績があり信頼できる日系のダイビングショップを選ぶようにしましょう。

学校によってはダイビングショップを紹介してくれるところもあるので学校職員に相談の上ショップ選びをするとトラブル回避がしやすいと思います。

3.セブイングリッシュおすすめ日系の「S2 Club」

セブイングリッシュがお勧めする日系のダイビングショップ「S2 Club」。

マクタン島のビーチリゾートエリアにあり、アクセスしやすいダイビングショップです。

過去数年で、弊社経由のお申込みで「S2 Club」でライセンスを取得された留学生は何人もいらっしゃいます。

「S2 Club」のダイビングインストラクター、よし子さんのインタビューへ行って来ました。

3-1. 長年の実績があり信頼できる

引用元:https://www.s2club.net/

SUN(太陽)の“S”とSEA(海)の“S”が命名の由来、「S2 Club」。

1987年から営業している同社は東京池袋に本社があり、東京、沖縄、石垣島、サイパン島、グアム、セブ(マクタン島)の6店舗のネットワークを持つダイビングショップです。

引用元:https://www.s2club.net/stanmp_rally/

5店舗分(沖縄店・石垣島店・サイパン店・グアム店・セブ店)のスタンプを集めると5万円相当の特典がGetできるというスタンプラリーも開催されているので、ライセンスを取った後の楽しみが増えますね!

引用元:https://www.s2club.net/cebu/

セブ店は2000年から営業を行っており、ライセンス取得だけでなく、体験ダイビングやファンダイビング、ジンベエザメツアー、アイランドホッピング等、海を楽しめるプランを提供しています。

ショップオーナー兼ダイビングインストラクターは、マクタン島の海をこよなく愛するよし子さん!

よし子さん自身も「S2 Club」でライセンスを取得後、幼稚園の先生からダイビングインストラクターに転身し、八丈島、東京、サイパン、そしてショップ立ち上げを機にマクタンへ移住という経歴をお持ちです。

マクタン島でのダイビング歴は約20年、セブ島近郊の海のことなら何でも知っているエキスパート、お店の随所によし子さんのセンスが光ります。

3-2.お申込みからスムーズな手続き

よし子さん曰く、旅行者の方は体験ダイビングのお申込み、長期滞在の留学生の方は圧倒的にPADIオープンウォーターライセンス取得へのお申込みが多いとの事。

「S2 Club」は東京に本社があるので、希望者の方にはセブ渡航前にテキストを郵送したり、ライセンス取得費用のお振込みも事前に国内で済ませることもできます。

また、東京店の国内学科コースでは東京で学科を先に受講し、セブ島で実技講習を受けるというスケジュールを組むことも可能です。

天候や体調を見ながら検討したいという方もご安心を。

セブ店では直前のお申込みも受け付けています。

受講枠に空きがある事が前提ですが、2,3日前のお申込みでも対応しています。

3-3.ライセンス取得コースの日程

留学生に人気のオープンウォーターライセンスコースの特徴はずばり、

・ボートダイブで楽チン!
・ダイバーと同じ本格派ポイント!
・少人数制で安心!

ボートダイブなので重たい機材を背負って移動する必要もありません。

ダイビングショップ横を歩いて十数メートル、、

ショップのすぐ裏に海が広がります!

ここからボートに乗って後方に見える島の裏付近で実習を受けます。
※「S2 Club」のボートは外遊中だったのですが、「S2 Club」ではトイレの付いたゆったり広めのボート(20名乗船)が1艇、ちょっと小さめのボート(15名乗船)の2艘の自社ボートがあります。

ファンダイビングも楽しめるダイビングのポイントで、講習中も沢山の種類の魚と出会うことができます。

また、日本語のテキスト、日本語での講習は少人数制なのでしっかり説明を受けることができます。

ライセンス取得コースのサンプルスケジュールはこちら↓↓

1日目スケジュール
1 8:00受付、ライセンスコースについて説明 8:15
2 ショップにて学科講習&学科テスト 8:40
3 ランチ休憩 12:00
4 ショップにて器材セッティングや使用方法の確認 13:00
5 浅瀬にて限定水域講習(最初の練習)13:30
6 海洋実習2ダイブ 15:00
※国内学科コースの場合1日目午前中から実技講習となります。

2日目スケジュール
1 8:00器材準備 8:15
2 ボートにてポイントへ出発 8:40
3 海洋実習2ダイブ 9:00
4 ショップにてログブック(記録)付け、認定手続き 12:30
※受講者の水への慣れ具合や海洋状況によって変更の場合もあり。

無事に講習が終了した後、ライセンス発行はPADIの2,3営業日で日本の住所へ郵送されます。

マクタン島では即日で90日間有効のテンポラリーライセンスが発行されるので、留学中はテンポラリーライセンスを使ってダイビングが楽しめます。
ダイビングスポットもある島情報は下記ブログ記事もご参照ください。

「「何もなくて豊かな島」カオハガン島&オランゴ島へ日帰り旅行」
「セブ島の人気校「Stargate(スターゲート)」のジンベエザメツアーに潜入取材!」
「セブ島留学中の日帰り旅行にお勧め『ナルスアン島 Nalusuan Island』」

3-4. セブイングリッシュの留学生限定特別価格!

「S2 Club」とセブイングリッシュのコラボで実現した留学生特別価格でコース受講が可能です!

セブイングリッシュ経由でご留学を申し込まれた生徒様に渡航前メールで案内をお送りしているのでお見逃しなく!

まとめ

セブ留学中にダイビングも楽しみたい方は思い切ってPADIオープンウォーターライセンスを取得してみるのはいかがでしょうか?

日本よりも安く楽にライセンスが取れますよ。

気軽に楽しめるダイビングですが、60歳以上の方は健康診断書の提出が必要な場合があります。

また、20歳未満の方は保護者の同意書が必要です。

ダイビングに関してのご不明点は「S2 CLUBセブ店」までお問い合わせください。
※留学生限定特別価格でのダイビングについては当社セブイングリッシュへご連絡下さい。

S2 CLUB セブ店
BUYONG MARIBAGO LAPU-LAPU CITY PHILIPPINES
【電話 FAX】63-32-495-8100
【お問い合わせ先】https://www.s2club.net/cebu/contact_us/

阿部 桂子

投稿者: 阿部 桂子

セブイングリッシュのお客様&経理担当
2006年からフィリピン在住
フィリピン大学セブ校マスコミ科を卒業