フィリピン留学と同じくネイティブ講師の授業もあるオンライン英会話(クラークのCIP)

2020年5月現在、フィリピンでは新型コロナウイルスの感染拡大防止策のため、日本人が留学するような外国人向けの英語学校でも授業が停止しています。(地元の小中学校、高校、大学等も休校中)

現在フィリピン留学ができない中、一部の英語学校ではオンライン授業を提供しています。

オンライン授業ができる学校は、元々フィリピン留学前の方や留学に来られない方向けにサービスを行なっているケースがほとんどです。

今となっては、日本でも実にたくさんのオンライン英会話事業者がいますが、フィリピン留学で長年培った教育ノウハウを持っている語学学校のオンライン授業は他と比較して一定以上の質が担保されています。ただ英会話をして終わりというスピーキングの時間ではありません。

今回は、ネイティブ講師の授業がある人気校の一つ、クラークの「CIP」です。CIPが提供するオンライン英会話についてご紹介します。

ネイティブ授業が強みのCIP。留学中のグループレッスンの様子

留学と同じコースを受講できる

CIPのオンラインレッスンはZoomを使って行われます。Skypeのアカウントがない方でもZoomで簡単に始められます。※お使いのパソコンにあらかじめZoomをダウンロードする準備は必要ですが、こちらも簡単です!

CIPのオンラインレッスンは『留学と同じ』コース、または『月に数コマ』の一般的なコースを選択できます。

ここではCIPの強みである『留学と同じ』コースをご紹介します。

受講すると、1コマ45分の授業を一日3コマ~6コマを留学同様に平日毎日びっしりと授業を受けられます。

まとまった時間のある方で、集中的に学習したい方にはおすすめです。同じ時間に授業が受けられることで毎日のスケジュールにしやすく習慣化できます。

豊富なCIPのオンラインレッスンコース

留学のコース同様、ニーズに対応して様々なコースが用意されています。

実際の授業ではこのような画面を共有する(ネイティブ講師の1:1授業)

一般的な英会話レッスンはこのコース(初級~上級者まで)

・Native Premium
ネイティブ講師の1:1授業が4コマ、そしてグループ授業も2コマ(ネイティブ1コマ/フィリピン人1コマ)受けられます。

日常会話力を向上したい人、仕事などでネイティブを相手にする機会が多い方はこちらのコースがおすすめです。初級者からどんなレベルにも対応しています。

・Native Standard
ネイティブ講師の1:1授業は1コマ、フィリピン人講師の1:1授業が4コマ。そしてグループ授業も2コマ(ネイティブ1コマ/フィリピン人1コマ)です。

1:1授業が5コマ受けられるコースです。とにかく授業時間を重視したい方にはおすすめです。復習にも時間をさける方だとより効果的です。

ネイティブ講師のグループ授業の様子

・Classic Standard
フィリピン人講師の1:1授業が4コマ。そしてグループ授業も2コマ(ネイティブ1コマ/フィリピン人1コマ)です。

フィリピン留学(フィリピン人との英会話授業)を体験できるもっとも一般的なコースです。

・LITEコース A/B
一日の授業数が3コマの少なめのコースです。

コースAは、ネイティブ1:1授業、フィリピン人1:1授業、グループ授業
コースBは、フィリピン人1:1授業2コマ、グループ授業

一日に少しだけ授業を受けたい方にはちょうど良いスケジュールです。

1:1授業中のフィリピン人講師

試験対策をしたい方はこのコース

・IELTS Standard/IELTS Speakingコース
IELTSコースに特化したコースです。IELTS全体の授業を行なうStandardと、スピーキングに重点を置いたSpeakingコースに分かれています。

IELTS Standardは、フィリピン人講師の1:1授業が4コマ。そしてグループ授業も2コマ(ネイティブ1コマ/フィリピン人1コマ)です。
IELTS Speakingは、フィリピン人1:1授業2コマ、グループ授業1コマです。

Speakingコースは一日3コマです。

・TOEICスタンダード
TOEICのスコアアップに特化したコースです。
フィリピン人講師の1:1授業が4コマ。そしてグループ授業も2コマ(ネイティブ1コマ/フィリピン人1コマ)です。

グループ授業もこのようにみんなで画面共有しながら行なわれる

ジュニア専用のコースも

・Premium Kids/Intensive Kids
小学校から中学生の方向けのレッスンです。授業はすべてマンツーマン授業。

Premium Kidsは、ネイティブ1:1授業2コマ、フィリピン人1:1授業3コマ
Intensive Kidsは、ネイティブ1:1授業1コマ、フィリピン人1:1授業4コマ

まずはトライアルレッスン

初めに25分間のトライアルレッスンを受講してみて継続するかどうかを選択できます。

トライアルの申し込みには、希望の日程、時間帯、必要事項や英語レベルを伝えます。

するとレッスンの時間とZoomのミーティングIDが送られてきます。

Zoomのウェブサイトにアクセスするとこのような画面が。(ZoomのウェブサイトはGoogleで検索するとすぐに見つかります)

メニューにある『Join A Meeting』から入ります。

ここにCIPからお知らせされたIDを入力します。

するとスタンバイしている先生とつながり、レッスンが始まります。

時間の数分前には入るようにしましょう。時間になるといよいよ授業開始!

初めに担当の先生と軽く自己紹介があります。この時は名前とどこに住んでいるかという情報に留められ、「昨日なにした?」などのフリートークはありません。

そしてパーソナルな家族のことをさらっと質問され授業に入ります。

授業ではテキストをPDFで映し出しながら進行していきます。

私の時は

1)先生からの質問に回答(スピーキング)

2)短めの文章のリーディングと発音

このように画面上にテキストが映し出されます。画面の横にはスピーキングの内容を先生が入力してくれています。

まずは自己紹介でさらっと話した点について指摘されました。

テキスト上で私が話した文章のどこが間違いがあるのか、正しくはどのように言うのか、をすぐに教えてくれます。

そしてテキストの内容が、冒頭に質問を受けた内容とリンクしていることにも驚きでした。

自己紹介の延長で質問を投げかけ、その日に行う内容にしっかりと繋げているのです。

短い時間で効率良く授業を進めることができ、そして生徒さんも自然に意識が向かうようにリードされています。

この辺りはよく考えられていますね。

このようにして

先生からの質問→それに答える

という進行で、間違いをその都度テキスト表示してくれて正してくれます。

テキストが進んでいくと、リーディングは発音についても触れます。

発音が明らかに間違っていればすぐに説明を加えながら正してくれます。

この日は『Clothes』の「e」はサイレントだ。と口酸っぱく教えられました。

こうして25分間のトライアルレッスンはあっという間に終了。

本コースは45分ですので内容の詰まった時間になるでしょう。このレベルを一日に4コマ、5コマを受けるとまさに留学中の充実感と勉強量は得られますね。

その日の終わりにフィードバックが得られる

CIPの場合はフィードバックがPDFなどで送られてはきませんが、授業の最後にその日のポイントを復習してくれる時間があります。

間違えた点は特に覚えているか、理解しているかどうか確認されます。そうすることで記憶に残りやすく、本当に身についていくものです。

このように、毎回授業で繰り返されるので、少しずつ着実に英語力が伸びていくでしょう。

気になる「音声品質」

授業中の音声は重要なポイントです。

日本-フィリピン間で普通にLINEやSkypeで話すと途中で音が途切れたりすることはよくあります。

CIPのオンラインレッスンは全く問題ありませんでした。授業中は終始クリアな音声です。

また、音量が小さくなったり、かすれたり、このようなこともありませんでした。

安心して受講いただけます。

体験して感じたメリットとデメリット

テンポの良さ、進行方法、的確なアドバイスとわかりやすい解説がとても良かったです。

具体的なポイントとしては4つ

1.ボキャブラリーを増やしておくと効果的

効率良く学習するために教材をベースに授業が進みます。その中でも自分の考えを述べる機会が多いので、初級者の方は特に事前にボキャブラリーを増やしておくと、より学習効果が得られます。

2.テンポの良い授業

冒頭の何気ない会話が授業に関係のある事柄のため、授業にスムーズに入ることができます。さらに、回答に対して誤りの訂正もテキストを使いながら直ちにしてくれます。

テキスト上で確認できる点もわかりやすさの助けになります。理解しやすいので次に進むスピードも上がります。

 

3.通話でも聞き取りやすい発音

日本人同士でも電話やビデオ通話の場面で、相手の発音によっては何と言ったのかわからないこともありますが、音声の品質もクリアなうえ、先生の発音も聞き取りやすい点もメリットです。リスニング力が原因な場面は除いて、音声品質が原因で何と言っているのかがわからないということはありませんでした。

4.授業に最後に復習の時間

その日に間違えたポイントを最後にもう一度確認してくれます。自分の間違いの多くはクセになっていることで起こります。その場で訂正されて正しい形がわかったとしてもなかなか直らないものです。

何度か意識に上げることで直るものなので、時間を置いて確認できることはとても有効です。おそらく通常コースの場合は次回の授業で振り返る時間が設けられるのではないかと思います。

やはり、継続した授業が受けられる点で、英語力向上は期待できます。毎回先生が変わる単発のレッスンでは英語は思うように伸びないでしょう。

受講に足踏みするとすればこの点

やはり留学と同等の授業数のため料金はそれなりにします。しかし、実際に現地で教えている講師の授業を一日みっちりと受けられる点では妥当な価格帯です。一般的なオンライン英会話サービスにはできない点でもあります。

『CIPのオンラインレッスン』の料金はこちら

■その他、オンライン授業を行なっている学校はこちら

関連記事

セブイングリッシュ

投稿者: セブイングリッシュ

2009年からセブ島を拠点に運営している留学エージェント
セブ島を拠点とする留学会社として圧倒的なシェアを誇ります。
安全で満足度の高いセブ島留学を実現いたします!