コロナの影響で休校中 クラーク『CIP』の学校職員インタビュー

こんにちは

セブ島に現地オフィスがあるフィリピン留学エージェント・セブイングリッシュです。

3月中旬からマニラが都市封鎖(ロックダウン)になり、渡航が厳しく制限されてしまいましたが、6月に入ってから規制が少しずつ解除されてきています。

クラークはマニラのあるルソン島内の都市です。
依然厳しい移動の規制がありますが、6月に入り徐々に交通機関も再開し始めているようです。

今回はクラークの英語学校『CIP』の日本人スタッフ・RYOTAさんに学校内の様子をSkypeでインタビューいたしました。

CIPエントランス

1.現在もクラークに残っている生徒さんや日本人スタッフの数

<6月9日現在>

現在残っている生徒さんは日本人1名です。
3月上旬に約5か月の予定で来られて、すぐにこのような事態になったことを受けて残られることを選択されました。

日本人学生マネージャー1名が現地に残り、生徒さんやオンラインを担当している講師のサポートを行なっています。
(RYOTAさんは日本からリモートワーク中です)

その他、韓国、モンゴル、ベトナム人のスタッフも帰国便がないなどの事情で現地に残っている状況です。

2.在校生にはどのような対応をしていますか?

3月中旬のロックダウン以降、フィリピン政府からの指示で正規の授業はできなくなってしまいました。
政府の要請に従わずに授業を継続してしまえば今後の運営にも悪影響ですので、幸い以前より行なっていたオンラインコースを強化しながら運営を続けています。

残っている生徒さんにも、お部屋からオンライン授業を受けていただいています。

CIPに住み込みをしてもらっている講師や自分の家からオンライン授業を行なっている講師もいる状況です。

在校生へは食事も通常通り毎日3食提供されています。
食材はキッチンスタッフが買い出しに行くか、配達してもらっています。

3.学校内の様子

CIP校内にあるプールは閉鎖されていますが、体育館は開放されているので、生徒さん、先生たちの気分転換に身体を動かす空間になっています。

4.学校の外の様子

6月に入り規制が少し緩和されたことで、スーパーマーケットには多くの人がいて、通常時の様相です。
また、病院も人で混雑していました。

帰国する学生さんを送るためマニラ空港へ行くことはできますが、許可されたドライバーに限られます。
文書で証明するものが必要なので、地域間の移動は依然厳しいですね。

5.職員や生徒は外出をしてますか?

条件付きで外出できますが、その際には外出許可証の持参、マスク着用が必須で、スタッフと一緒に学校の車でスーパーマーケットへの買い出しに限られます。

オンラインレッスン担当の先生たちも住み込みで働いてもらっています。
出勤が禁止されているので他の先生は休業状態です。

6.治安の変化を感じますか?

外出は自由にできないので治安の変化は感じられません。
特に事件が起きているという情報もありません。
しかし今後もしかすると多少の悪化の可能性も考えられるので注意しています。

7.学校再開の目途は?

7月上旬の予定とは発表していますが、現実は厳しいと思います。

外国人のフィリピン入国と隔離規制の解除や、日本側の外務省が発表している渡航レベルの引き下げなど、様々な要因がクリアになることが必要ですので。

8.学校再開に向けて、何か行なっていることはありますか?

アルコール消毒、マスクの着用、ソーシャルディスタンス、検温などの基本的は衛生管理の徹底は引き続き行います。

このような状況なので、CIPとしてもオンラインレッスンの強化を進めています。

Wi-Fi環境も強化し、オンラインレッスン担当の講師陣も住み込みでレッスンを行なっています。

※住み込みで滞在してもらっている理由は、ロックダウン(都市封鎖)中は通勤が禁止されているためです。
また、安全面や健康面も考慮してのことです。
他の業務のスタッフも寮に滞在してもらい食事も提供しています。

<<CIPのオンライン英会話コースに興味がある方はセブイングリッシュまでお問い合わせください>>

9.再開後の不安などはありますか?

CIPが無事に再開できたとしても現状ではコロナウイルスの感染リスクはゼロにはなりません。

私たちもこれまでのように満室になるぐらい生徒さんを受け入れたいのですが、感染リスクを考えると今後はなかなか難しくなるでしょう。

受け入れ人数に制限を設けて、お部屋割りも工夫する必要が出てくると思います。
マスクの着用やアルコール消毒だけでは完全に防ぐことはできません。

すでにCIPだけの問題ではなくなっています。

仮に一つの学校で感染者が出てしまえば、その周りの他校だけでなく、フィリピン留学業界全体に悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。

学校全体で連携して、先生や生徒さんの安心と健康を第一に、統一した対策を考えることも必要な段階なのではとも思っています。

10.留学検討者に伝えたいことはありますか? あらためて学校の特徴など

CIPの特長としてはクラーク空港から学校までの距離も比較的に近く、他地域よりも相対的に感染リスクは低いと考えています。

当校のマンツーマン授業の教室は広めに造られていて、さらに各教室には換気扇もあります。

また、フィリピン留学の機会の代替案としてオンラインレッスンも用意しています。

当校のオンラインレッスンは一日最小3コマから受けられるので、お仕事をされている人方でも無理なく受講できると思います。
留学と同じように様々なコースの受講ができます。

オンラインレッスンのメリットは、フリートークもないので集中して学習できることです。
また、一般的に普及している単発のオンラインレッスンも選べます。

また、CIPでオンラインレッスンを担当している講師陣は普段から留学生に授業を行なっていた先生たちです。
当校のトレーニングを経ていて経験も豊富です。

授業は録画されているので、講師としては決して気を抜けない環境の中で授業を行なっています。

すでにオンラインレッスンを受講されている方には、延長されている方もいらっしゃいます。

オンラインレッスンの中には授業で何を学んだのかを把握しずらいものもあります。
当校のオンラインレッスンでは習ったところを最後に復習してくれるので頭に残りやすくなっています。

CIPのオンラインレッスンの授業法は、IELTS試験官の経験があるイギリス人講師をはじめとしたアカデミックチームが監修した確かなものだと自負しています。

フィリピン留学と同じくネイティブ講師の授業もあるオンライン英会話(クラークのCIP)

11.さいごに・・・

クラークCIPのRYOTAさん、インタビューに応じていただきありがとうございました。

クラークの『CIP』はネイティブ各国の講師陣が在籍している語学学校です。
そのため世界中から学生が集まってきている多国籍の環境です。
講師陣はアジア圏の学生だけではなく、様々な国籍の学生への授業を経験しているため、教育方法や知識も豊富です。

クラークCIPに少しでもご興味を持たれた方はぜひお問い合わせください。

関連記事

畠尾 正行

投稿者: 畠尾 正行

留学カウンセラー兼、新聞やパンフレットの記事も書くライター。旅、カメラ、読書というありきたりな趣味。