新型コロナ対策で休校中の『Cebu Blue Ocean Academy』職員にインタビュー

こんにちは

セブ島を拠点に運営しているフィリピン留学エージェント「セブイングリッシュ」です。

3月下旬からセブ島は都市封鎖(ロックダウン)になり、移動が厳しく制限されてきましたが、6月に入ってからは規制が少しずつ解除されてきています。

タクシーなどの交通機関もようやく利用できるようになり、クローズしていた街中のショッピングモールも一部の店舗では営業を再開しています。

今回はセブ島のリゾートエリア(空港のあるマクタン島)の英語学校『CEBU BLUE OCEAN ACADEMY』の日本人スタッフ・各務さんに学校内の様子をSkypeにてインタビューをさせていただきました。

ブルーオーシャンのあるホテル入口。中央に見えるのが校舎

1.現在もセブに残っている生徒さんや日本人スタッフの数

<6月9日現在>
生徒さんは7名(日本人3名、韓国人4名)残って勉強されています。

日本人スタッフは各務さんだけが残って、生徒さんのサポートを引き続き行なっています。

今も残っている生徒さん達が、今もなお残ることにした理由は幾つかあります。

3月中旬にフィリピン政府の決定で休校が決定してから、学校としては再開時期の目途が立たなかったため、当時の在校生には帰国を推奨していました。
そして多くの生徒さんが帰国されましたが、数名の生徒さんは諸事情により残ることを選択されました。

来て間もなかったので留学期間が長く残っていた人。
フィリピン航空の臨時帰国便のチケットが片道約11万円ほどと高額だったため様子を見ることにした人など。
人それぞれ事情が異なるようですが、みなさん授業を受けられなくても勉強できる環境があるということが理由のようです。

2.在校生にはどのような対応をしていますか?

2020年6月現在もフィリピン政府による授業停止期間中です。(3月中旬に発令された)

その為、残っている生徒さんへの授業は行っておりません。
しかし、学校として市長にも状況を説明した上で、生徒さんたちが先生とフリートークができる時間を設けています。

こういった時間があることで、英語を話す機会になるだけではなく、生徒さんたちの気晴らしにもなっています。

生徒さんへの食事は毎日3食提供されており、洗濯や掃除も行われています。※生徒さんは滞在費を支払っています。

3.学校内の様子

セブブルーオーシャンはリゾートホテルの敷地内に校舎があります。

まずは校舎内の様子です。

校舎で仕事のあるわずかなオフィススタッフ、キッチンスタッフ、清掃スタッフ、オンライン英会話の先生のみなのでとても静かです。
彼らはブルーオーシャンの寮に住み込みしています。※通勤が難しい状況のため。

自習室のカフェスペースは開放しており、席はソーシャルディスタンスを保っているそうです。※飲食物の販売は行っていない。

警備員は現在も常駐しています。

建物の出入りにはマスクの着用と体温検査が必須です。

校舎の外(ホテル敷地内)は、観光客の宿泊も無いのでとても静かです。
プールは使用できませんが、朝夕は敷地内の散歩をする人がちらほらいます。

4.学校の外の様子

6月に入り、若干規制が緩和されてきてからは活気が戻ってきている感じがあります。

コロナの影響前までの様にはまだ戻っていませんが、ジプニー(乗合バス)やトライシクル(乗合バイク)が走るようになり、交通量も徐々に増えてきました。

タクシーも見かけるようになったそうです。

レストランは店内飲食はできませんが、デリバリーに対応するところが増えてきています。

デリバリーのドライバーさんたち

5.職員や生徒は外出をしてますか?

学校近くのスーパー・セイブモアやセブンイレブンは営業しているので買い物はできています。

スーパーマーケット・Save Moreの様子

外出の際は、ガードマンに外出パスを提示、要件と時間もチェックしたうえで、だいたい1時間程度で戻ってくるように取り決めを行なっています。

外出できるのは20時までです。
20時を過ぎると街灯も消えてしまうのでとても暗いです。
街の明かりがない分、星が綺麗に見えるそうです。

6.治安の変化を感じますか?

学校周辺で昼に出かける分には特に変化を感じることはありません。
夜は街灯も消えとても静かなので人は出歩いていないと思います。

7.学校再開の目途は?

現段階で再開時期は何とも言えませんが、以下の3点がクリアになれば堂々と再開できると考えています。

①休校要請の解除

②外国人の入国規制の解除

③各航空会社の運航再開

最低限これらのすべてが揃わなければ、安心して留学に来ていただけません。

8.学校再開に向けて、何か特別行っていることはありますか?

アルコール消毒、マスクの着用、ソーシャルディスタンスの確保など基本的は衛生管理は行っていく方針ですが、その他特別な施策については検討段階です。

懸念しているのは、外国人の入国に際して2週間の隔離措置が継続された場合です。
そうなってしまった場合、学校としてどう対応していくかは話し合っています。

当校はフィリピン北部の山岳都市バギオにある「PINES」の姉妹校なので、オンライン英会話も提供しています。

現在はオンライン英会話を担当している講師の大半はバギオにいますが、ブルーオーシャンにも住み込み講師がいて、オンライン授業を提供しています。

住み込みで滞在してもらっている理由は、この都市封鎖の状況では通勤が難しく、また、安全面や健康面も考慮してのことです。
先生たち(他スタッフも)には、寮に滞在してもらい食事も提供しています。

<<CEBU BLUE OCEAN ACADEMYのオンライン英会話コースに興味がある方は、セブイングリッシュまでお問い合わせください>>

当校のオンラインコースの特長は、毎日の自分のクラスの時間、担当の先生も決まっていることです。

「この時間に先生が待っている」という状況が継続しやすい要素になっています。

もしも、自分が好きな時間に受けられるとすれば、だんだん面倒になりフェードアウトしやすい状況になってしまいます。

留学並みに効果がある?フィリピンの語学学校が提供するオンライン授業

9.再開後の不安などはありますか?

外国人をターゲットにしたスリがこれまで以上に増えないかどうか、この点は注意しています。
当校に来ていただいた生徒さんには防犯意識の徹底を以前より強くお知らせすると思います。

10.留学検討者に伝えたいことはありますか? あらためて学校の特徴など

現在は留学ができない状況ですが、フィリピン留学を検討している方へ伝えたいことは、この状況を「事前学習の期間が伸びた」と前向きに捉えてほしいです。

これまでブルーオーシャンのスタッフとして多くの学生さんを見てきました。
そして留学に来られた多くの人が「もっと事前に勉強をしておけばよかった」と後悔しています。

なので留学に行きたくても行けないこの期間を有効に活用していただきたいと思います。

フィリピンへの留学に不安は残るかと思いますが、私たちはみなさんが安心して学べる環境を作っていく努力を継続していきます。
留学に来ていただければ、これまで以上にサポートする体制を整える予定です。

11.さいごに・・・

各務さん、インタビューに応じていただきありがとうございました。

CEBU BLUE OCEAN ACADEMY』は、セブ島の空港があるマクタン島にある語学学校です。
いわゆるセブ島のリゾートエリアにある学校なので、校舎はリゾートホテルの敷地内で海と隣接しています。

環境面のメリットだけではなく、学習面にも定評のある学校です。
2000年に開校されたバギオのPINESの姉妹校であり、語学学校の中ではとても長い学校のため、卒業生も多く、教育ノウハウは豊富です。

この学校に少しでもご興味を持たれた方はぜひお問い合わせください。

関連記事

畠尾 正行

投稿者: 畠尾 正行

留学カウンセラー兼、新聞やパンフレットの記事も書くライター。旅、カメラ、読書というありきたりな趣味。