【GITC学校スタッフインタビュー】TOEIC/IELTS試験対策や親子留学で高く支持される理由とは?

この記事はフィリピンの各都市封鎖前の2020年2月に取材した内容です。

こんにちは。

セブイングリッシュのユリカです。

今回はフィリピンの中央部に位置するパナイ島のイロイロにある『GITC校』の日本事務局スタッフ、ヒロコさんにインタビューを行わせていただきました。

イロイロは近年都市開発が急速に進んでいる街で、田舎ながらも大型ショッピングモールやビジネス街が展開し、また日本人が少ないエリアをお探しの方に人気急上昇の穴場エリアです。

GITC校の詳細な学校視察ブログはコチラをご覧ください!

1.自己紹介

———–それでは早速、自己紹介からお願いします!

GITCスタッフのヒロコと申します。

GITC校でスタッフとして勤めて5年弱になりますが、イロイロ自体は初めて来たのが約10年前となります。

普段は日本にあるGITC日本事務局に居るので、イロイロに数か月行ったり日本に数か月居たりという形ですね。

私が居ない間でも、日本人学生インターンスタッフが在籍しているので日本人生徒さんをサポートする形でスタッフも生徒さんと同じ学校の寮に滞在しています。

2.GITC校はどんな校風ですか?

学生定員が約200名ですが学校の敷地が広いのでゆったりとした雰囲気で、アットホームな学校です。

大学生の方から社会人の方まで様々な年齢の方が渡航されますが、年齢ごとに固まったりグループ化するというよりも年齢関係なく生徒さん同士が皆さんで仲が良い学校ですね。

授業を最大で詰めていただくと朝8時~夜10時までとなるので、平日はがっつり勉強、土日は思いっきり遊ぶといった環境です!

GITCは試験対策に力を入れているので一般英語だけではなくTOEICやIELTSコースで来られる生徒さんも多く滞在されていて、集中して勉強したいというモチベーションの高い方が多いです。

自習室

また親子留学にも力を入れていて、学校には勉強されに来ているお子さんもいらっしゃるので本当に年齢層は幅広いんですよ。

親子留学は特に韓国の方たちが多いのですが、最近日本から来られた親子の方がいて他国の生徒さんや親子の生徒さん達からとっても人気者でした!

国籍関係なく皆でお食事を食べられていたり、休日には韓国人の親子の方とお出かけされたり、地元のお祭りにお子さんとご参加されていたりととても楽しんでおられましたね^^

フィリピン人講師やスタッフたちも、みんな子供が大好きなのできっと楽しんでご滞在いただけると思いますよ。

そして学校の広い敷地内には売店やバー、また一般の方も入れるスイミングるプールやホテルがあります。

実はこちらのホテルのオーナーが、デュテルテ大統領の奥様側の親戚に当たるので奥様が来られたこともあります。

そういうこともあって、学校の警備は万全な体制が整っています。

3.授業やコースの特徴は?

現在は一般英語、試験対策(TOEIC,IELTS)、親子留学コース、ボランティアコースが開講されています。

どのコースもマンツーマン授業を中心に、各々のレベルに分けて授業が受講できます。

親子留学コースで幼稚園児のお子様は、マンツーマン授業もありますがグループクラス中心ですね。

他校ではあまり聞かなく珍しいボランティアコースは、フィリピン留学では触れることが難しい「本当のフィリピンに触れるボランティア研修」をGITCは提供しています。

ごみ処理行政を見学したり、フィリピンの教育現場を訪問して子ども達と日本文化やゲームで交流、フィリピン料理体験や実際に現地住民の自宅でのホームスティなどに宿泊する1週間のボランティア研修と英語研修を組み合わせたプログラムで、徐々に人気が出ているコースです。

4.TOEIC/IELTSの試験対策コースが人気の理由とは?

TOEIC/IELTSは大きく分けて2つのコースに分かれていて、
英語初心者の方でTOEIC/IELTSの勉強も始めての方向けの「一般英語」と「試験対策」が両方受講できる『入門コース』
またスコアアップを図りたい方向けの『スコアアップ保証コース』に分けられます。

『スコアアップ保証コース』では、【8週間でTOEIC200点/IELTS1.0アップ】・【12週間でTOEIC250点/IELTS1.0~1.5アップ】から選べるのですが、
ほとんどの学校はこちらの保証コースを12週間から設けていて、8週間から保証コースが受講できるのはGITCの強みです。

『スコアアップ保証コース』は期間中に目標点数を獲得できなかった場合には、授業費&滞在費を4週間分無償で提供いたします。
(※男女交際禁止・期日までに課題提出・全授業出席などIELTSスコアアップ保証規定を遵守していることが条件です。)

そしてもう1つ、『点数保証24週間コース』というのを設けていて、こちらは初心者の方が24週間でTOEIC800点もしくはILETS5.5に到達することを保証するコースを設けています。

こちらの点数保証コースはアジア圏から多くの学生さんが来られていますが、
特に『IELTS点数保証24週間コース』はベトナム人のほぼ全ての学生が選ばれるコースでして、英語が話せない全くの初心者から20週間後にはIELTS5.5や6.0ほど取得されてアメリカやカナダ、オーストラリアへ大学進学されているという実績があります。

———–伸び率が著しく高いですね!

はい、IELTS点数保証コースの12週間ですと平均で2.0のスコアアップをされる方が多くいらっしゃいますが、
過去に中国からの生徒さんで2週間で2.0のスコアアップをされた方もいらっしゃいます。

スコアアップに繋がるスキルやメソッド、テクニックをマンツーマンを通して講師が丁寧に指導します。

5.親子留学コースが人気の理由とは?

親子留学において、お子様にはこちらの「Student Manual」を講師が記録付けしていて、その日授業で行ったことや覚えた単語、進歩面を毎日記録付けしているんです。

こちらがとても好評でGITCを気に入っていただき、リピーターとしてまた来てくださる方もいらっしゃいます。

親御さんとしても、見えないところでのお子さんの授業の様子や進捗ってとても気になりますよね。

親子留学に力を入れている背景の1つとして、実はGITCの韓国人校長が実際にフィリピンで子育てをしていることから、実体験を基に「こういうのがあったらお子さんも親御さんも嬉しいだろうなあ」というところを積極的に取り入れているんです。

ベビーシッターは0歳から付けることが可能ですよ、ベビーシッター費用は$80/週で平日:午前8時〜正午、午後1時〜午後5時となります。

———–0歳からベビーシッターを付けられるのは凄いですね!!ベビーシッター付きの学校自体、なかなか無いですもんね。

そうですね、3歳までのお子様にはベビーシッターが付けられ、4歳からは授業を受けていただく形となります。

じっと椅子に座って勉強することが難しいお子さんには、小学校教員資格を持った教員による英語によるアクティビティ授業を提供することもできますので生徒さん各々のスタイルに合った授業が受講いただけます。

6.イロイロの生活はどういった感じですか?

セブ島やマニラのシティと比べたらイロイロはまだ田舎でのんびりしたのどかな空気が流れていますが、近年都市開発が急ピッチで進み、ビジネス街や大型ショッピングモールもいくつかある街なので割と便利な街です。

他のフィリピンの地域と比べてもイロイロは治安が良いので、スリや盗難に合った被害というのも滅多に聞かないですね。

他エリアでは危ないと避けられているジプニーにも普通に乗っていますし、むしろタクシーを使う生徒さんの方が少ないかと思います。

あとは週末を使ってアジアNO.1のベストビーチに選ばれた事のあるボラカイ島に行かれたり、海が綺麗なギマラス島に行ったりとアイランドホッピングを楽しまれていますね。

ボラカイ島までは飛行機に乗らなくてもバスと船でイロイロから行けるので、連休を使わずに土日で行かれる方もいらっしゃいます!
ギマラス島は「世界一美味しいマンゴーが実る島」として有名で、日本円で100~200円でマンゴー食べ放題だったり島に“国立マンゴー研究所”がありマンゴーの研究がされていたりとマンゴーずくしの島です!

———–学校周辺にはどういった施設等がありますか?

GITCから徒歩5分のところにセブンイレブンがあるので、生徒さんは学校のお昼休憩にアイスを買われたりしていますね、1つ約20円~30円で買えるのもあるので安くて美味しいです。

学校の道路挟んで目の前は海があり、泳ぐタイプの海ではないのですが空いている時間に来て海を眺めながらリフレッシュすることができますね。

車で約5分、歩くと約20分の場所に位置する魚介系レストラン「Breakthrough(ブレイクスルー)」はフィリピンの郷土料理が楽しめるのでオススメです。

そして学校から約30分のところには「SMモール」があり、こちらには食品からレストラン、衣類、日用品など大抵のものが揃っています。

ユニクロやH&M、Forever21なんかも入っていますよ。

初日のオリエンテーションの際もレートが良いこちらの換金所で生徒さんは換金ができる時間を設けています。

あと日本にもブランチがある「Anytime Fitness」がGITCから車で約20分程のところにあって、こちらは24時間空いているので生徒さんは門限内で好きなときにいつでも行けます。

7.学校職員さんから見たGITC校のオススメポイントは?

社会人の方で、「留学したいけど、大学生や若い方が多いからどうしよう」と思っている方にはオススメですよ!

特にセブ島の大きな学校は年齢ごとに固まってグループができるようなイメージがありますが、イロイロの学校は落ち着いているぶん年齢問わず仲が良いので皆でお出かけされています。

そしてGITCに来る生徒さんはTOEIC/IELTSの試験対策を筆頭に志が高い生徒さんが多いので、学校が強制しなくても自ら勉強しようというようにモチベーションが変えられます。

スパルタ式でストレスを溜めるよりも、GITCは周りの雰囲気を見て自主的に勉強しようという意識になれますよ。

8.ズバリ!GITC校はどんな方に合うと思いますか?

真剣に英語を勉強したい人向けの学校です。

日常英会話もそうですが、TOEIC/IELTSの試験対策として確実にスコアを伸ばしたい方、勉強に集中できる環境をお探しの方は是非お越しください!

9.まとめ

日本人が少ない穴場エリア・イロイロ『GITC校』について今回ご紹介しました。

真面目に勉強している生徒さんが多い印象を受けたほか、学校の敷地が広いので個々の時間をまったり過ごせるように感じました。

またセブ等の他エリアと比べてもイロイロの学校は留学費用が安くて抑えられるのも魅力的です。

GITC校に関してのお問合せはセブイングリッシュまでご連絡ください。

関連記事

鈴木 結里加

投稿者: 鈴木 結里加

セブイングリッシュのお客様担当 オーストラリアで留学後、ファームジョブを経験した後にセブ島へ。最近はジムへ行くのにはまってます。