フィリピンの首都マニラのオシャレな街で優雅に留学!大学付属校の『Enderun』とは?

こんにちは。

セブ島に現地オフィスがあるフィリピン留学エージェント・セブイングリッシュです。

今回学校訪問したのは…マニラにある大学付属校『Enderun Collegee(エンデランカレッジ)』です。

1.学校について

みなさんが留学するEnderun Collegeは大学ではなく「語学研修センター」になります。この学校を経て、Enderun大学やEnderun付属高校への進学も可能です。

スペイン風の学校外観

留学生の方は、Enderun大学の校内の食堂や図書館など、様々な施設を使うこともできます。マンツーマン授業の教室は、向かいの『Venice Grand Canal Mall』内にあります。

学校教室も入っている『Venice Grand Canal Mall』

日本人スタッフが常駐しておらず、授業を受けるのにモール内を歩くため、初級者の方は大変かもしれないな、と思いました。

留学に来ている日本人は団体や数名のグループが多いようで、それであれば初級者の方でも大丈夫そうです。

2.Enderun Collegeのおすすめポイント

2-1.多国籍の講師陣、フィリピン人だけではない!
2-2.マニラの企業へのインターンに参加できる
2-3.都心でオシャレなボニファシオグローバルシティ内
2-4.一段階上を目指すグループ授業

2-1.多国籍の講師陣、フィリピン人だけではない!

Enderunでは生徒のレベルが大きく6段階、その中で20段階に細かく設定されています。それぞれのレベルで行なうべき内容と、そのレベルで必須の英語力をつけられるよう、授業カリキュラムが組まれます。

そして授業を行なう講師陣が一番の特長です。

Enderunの講師陣はフィリピン人でけではなく、アメリカ、ドイツ、ロシア、ウクライナなど世界中から集まったプロたちです。そしてその多くは大学で教育学、言語学、心理学を専門にしています。

レベルに合ったマンツーマン授業

授業の内容は生徒さんの要望に合わせて幅広くカスタマイズできます。

その範囲は、一般英語やTOEIC、IELTS、TOEFLなどの試験対策、ビジネス英語はもちろん、ジュニアや医療英語にも対応しています。

2-2.マニラの企業へのインターンに参加できる

2週間以上の留学期間を経れば、ホテルや日系企業など幅広く現地の企業インターンシップに参加できます。

このインターンシップは他の学校のそれとは違う点があります。それは、Enderunが「グローバルに活躍できる人材育成」という明確な目的のもとインターン先企業と直接繋がっているため、体験型で終わることがない、確かな経験と実績が得られることです。この点は今後海外就職を考えている人にとって大きなメリットになりそうです。

また、インターンシップの参加条件に高い英語力を必要としないことも着目すべき点です。参加に必要なのは「積極さ」と「異文化を学ぶ姿勢」、これさえあれば誰でも参加できます。

2-3.都心でオシャレなボニファシオグローバルシティに近い!

ボニファシオグローバルシティまで、車で15分ほど、徒歩でも30分ほどでアクセスできる好立地です。

BGCの「マーケットマーケット」

さて、このボニファシオグローバルシティとは何がすごいのでしょうか。

この「BGC(ボニファシオ・グローバル・シティ)」はまさに近未来のような街並みで、元々広大なフィリピン軍駐屯地を再開発したエリア。

世界的に有名な外資系企業のオフィスや、高層ビルが建ち並び、ハイクラスホテルやレジデンス、ショッピングモールが続々と建てられています。フィリピン証券取引所の移転などもあり、今後まだまだ成長するエリアです。

電線はすべて地下に埋められており、地下には巨大な貯水槽もあるため、洪水被害の起こらない、安全で美しく整備された街なのです。

飲食店も多いので食事に出かけるのもよし、いたるところにカフェもあり、放課後にのんびりするのもいい場所です。

感覚的にはロサンゼルスのようだとも言われています。こんなにおしゃれで洗練された街に留学ができるのも大きなメリットです!

2-4.一段階上を目指すグループ授業

Enderunのグループ授業はひと味違います。

自分の考えをホワイトボードに書く

ここでは「英語を学ぶため」ではなく、「自分の意見を述べること」を目的とした授業が展開されます。ここに来ている生徒はアジア圏の生徒だけではなく、アフリカや南米からの生徒もいます。

こういった異文化の背景を持った生徒同士で意見交換することは、英語を学ぶ以上に大切なことです。そのため、英語を「自分の意見を伝えるため」として位置づけて学習していきます。

テーマは時事問題や歴史の中から毎回異なったものが与えられ、それに関連したボキャブラリーを学びながら意見交換をするという流れで授業が進みます。

グループ授業は充実しそうです

自分の意見を主張することに慣れていない日本人にとって、とても良い学習の時間になりそうです。

しかもグループ授業の時間は90分、一般的な語学学校の約2倍です!

3.Enderunのコース紹介

要望に合わせたマンツーマン授業内容

・一般英語
・ビジネス英語
・試験対策(IELTS/TOEIC/TOEFLなど)
・医療英語
・ジュニア英語

授業数と構成がそれぞれ分かれています。

1:1授業 グループ授業
M3G2 3コマ 2コマ
M3G3 3コマ 3コマ
M4G1 4コマ 1コマ
M5 5コマ
M6+5※ 6コマ+土曜5コマ

※土曜にも授業が受けられるコースです!

現地企業でインターンに参加したい!

企業インターンコース

通常のコースを2週間以上受講した方が参加できるコースです。平日に6~8時間、現地企業でインターン業務に従事します。

◆一日のスケジュール
平日(月~金):6~8時間

3.学校生活について

3-1.周辺環境
3-2.学生寮について
3-3.学校内の様子

3-1.周辺環境

Enderunの場所は↑の通り。大学のキャンパスはとても広いです。また、この周辺は整備された道が続いています。

キャンパス内はこういった建物が立ち並ぶ

向かいには授業の教室のある『Venice Grand Canal Mall』。このモールも敷地面積が広く、ショッピングセンター、セブンイレブン、スターバックスなどのカフェ、レストラン、映画館の本屋さん、モールの隣には国際郵便のDHLなど、ほぼ何でもそろうので日常の生活には困らないでしょう。

3-2.学生寮について

学生寮は学校から徒歩2分の寮。1人部屋、2~4人部屋(2段ベッド)のお部屋タイプです。

もう一つは徒歩10分の1人部屋専用の寮があります。

入口には2名の警備員が常駐しているので安心です。

さらに平日は毎日お部屋の清掃が入るので清潔に保たれています。寮内にはWi-Fiが無いので学校から貸し出されるポケットwifiを使うことができます。

3階の共有スペースには冷蔵庫、電子レンジ、ウォーターサーバー、を自由に使用することができ、ソファもあるためちょっとくつろぐのには良いスペースです。

寝室とダイニングは分かれているので、お部屋でもしっかり勉強に集中できそうです。

3-3.学校内の様子

さて、まずはEnderun大学のキャンパス内から見ていきましょう。

キャンパス内の建物一つ一つはこのような絵になる外観

敷地内を移動します。

あいにくの雨です

敷地内を歩いているといろんな国籍の学生さんを見かけました。

フロントも大学というよりホテル

メインのエントランスはまるでホテルのロビーです。この建物にはカフェや食堂、教室がありました。

ホールは学生さんの休憩スペースだそう

まず目に飛び込んできたのはおしゃれな『カフェ』

大学構内にこんなカフェがあるとは…。そして次はこちら

バーまであるのです

なんと『バー』も併設されています。夜はお酒も飲めるそう。極めつけは…

大学内とは思えないオシャレなレストラン!

コース料理みたいな食事

ランチにこんな豪華な食事が食べられます。これで港区女子の仲間入りです。ちなみにこの料理は単品で700円~800円ほど。お腹は満たされないかもしれませんが、インスタにアップすれば承認欲求は満たされそう。

構内はこのような高級感なエリアばかりではないのでご安心ください。

やっと大学っぽい雰囲気になってきました。ここでも食事を食べることもできます。

実際に授業が行われるエリアへ進んでみましょう。

このように落ちついた内装かつどこも重厚感のある雰囲気です。

ココだけで生活ができてしまうんじゃないかというほどの施設の充実ぶりです。視察時(平日)は体育館でバレーボールの試合が行われていて、中には入れてもらえませんでした。

次はマンツーマン授業の教室のある『Venice Grand Canal Mall』へ!

この中で授業です。イタリアにいるような感覚です。洒落たレストランやカフェを横目に教室までは結構歩きます。

教室までの道のりも楽しめる

このような空間を抜けてモールの中へ。

マンツーマン教室棟

到着しました。マンツーマン授業のブースがある教室です。

いくつものブースが並んでいる

↑ブースはこのように集まっていて、授業はこのように横並びで行われます。

斜めになってしまいました

グループクラスの教室もあります。外が見えるのが気になるかもしれません。

帰りはこんな光景を見ながら毎日帰路につきます。

こんな景色を眺めながらカフェで自習もできます

4.留学費用について

すべての料金表はこちらをご参照ください。

ケース別の参考価格です!※別途入学金$150がかかります

「自信を持って英語を話せるようになりたい!」
→$2,820(310,100円)
コース:M3G2コース お部屋:4人部屋 期間:8週間

「土曜も授業を受けたい、かつ1:1授業をたくさん受けて英語に慣れたい」
→$2,780(305,800円)
コース:M6+5 コース お部屋:1人部屋 期間:4週間

「試しに2週間留学したい」
→$1,705(187,550円)
コース:M4G1コース お部屋:2人部屋 期間:4週間

「企業インターンシップに参加したい!」
→$705+$1,280(218,350円)
コース:M3G2コース+インターンシップコース
お部屋:4人部屋 期間:6週間(2週+4週)

Enderun Collegeはこんな人にオススメ!

  • 英語を話すことに慣れたい
  • 便利な環境が良い
  • 綺麗な街が良い
  • インターンシップに参加したい
  • 様々な国籍の人と交流の機会がほしい

利便性と文句なしの環境の『Enderun College』
これから留学をお考えの方はぜひお気軽にお問い合わせください。

関連記事

畠尾 正行

投稿者: 畠尾 正行

留学カウンセラー兼、新聞やパンフレットの記事も書くライター。旅、カメラ、読書というありきたりな趣味。