【前編】先生達がダンサーに!スターゲート校のカルチャーショー

こんにちは。

フィリピン留学エージェント、セブイングリッシュのケイコです。

フィリピンの語学学校では留学生が現地滞在を楽しめるよう、様々なイベントが企画されています。

セブ島にある日系の語学学校『Stargate校』「It’s More Fun in the Philippines‼」というテーマのカルチャーショーのイベントが開催され参加してきました!

イベントは、「Stargate校」の先生達によるフィリピンのフォークダンスのお披露目とフィリピン式ビュッフェ「ブードルファイト」の2本仕立て。

前編ではフォークダンスショーに焦点を当てた学校イベントの様子と、旅行や留学中に楽しめるマクタン島の5ツ星「シャングリラホテル」のカルチャーショーを併せてご紹介します!

1. Stargate校の「It’s More Fun in the Philippines」

先生たちが中心となって企画運営のイベント、生徒さんにフィリピンの文化を知ってもらおうという、クリエイティブな体験型イベントです。

プログラム構成はこちら↓↓

It’s More Fun in the Philippines
I. Short Introduction イベント開会
II. Teacher-Student Dance Tutorial (Tinikling) 先生と生徒によるバンブーダンス
III. Monthly Birthday Celebration 月間誕生日会
V. Boodle Fight ブードルファイト

こちらはブードルファイトの準備中の写真です。後編ブログをお楽しみに~!

ブードルファイトの会場の隣のエリアがカルチャーショーのステージです。

この日の為に、先生たちは2週間前から空き時間にダンスの練習を重ねてきたそう。

イベント開会直前まで各チームで最終確認に余念がありません。

衣装も先生たちの手作りなんです!各チーム、ダンスの曲目に合ったこだわりのある衣装でダンスを披露してくれました!

ダンスといっても今回はフィリピンの昔ながらのフォークダンスをアレンジしたもの。

ダンスを通してフィリピンの文化を垣間見ることができます。

「一見は百聞に如かず」、イベントの様子をショートビデオでご覧ください!

楽しいダンスの様子が伝わってきますね!

次に、各ダンスを紹介致します!

2.フィリピンのフォークダンス

7,000以上の島々から成り立つフィリピンでは、各地域によってダンスの特徴ががらりと変わります。

トップバッターは、地元セブ島のダンスから!

2-1. セブ島のダンス、シヌログ

シノログはセブ島のフェスティバルで、毎年1月上旬からセブ島各地で1週間ほど続けて行われますが、特に1月第3日曜日にセブ市内で行われる大規模パレードを見に、国内のみならず国外からも観光客が多く訪れるフェスティバルです。

サントニーニョという幼児キリスト像を持ったダンサーを中心にステップを踏みます。

実際のシヌログはミスコンも兼ねているそうです。(中心のダンサーがミスコン候補者だそうです)

2-2.世界的にも有名!? ティニックリン

世界的にはバンブーダンスの愛称で知られるダンス。

竹を打つリズムに乗せてピョンピョン跳ねながら踊ります。

一見シンプルに見えますが、人数を増やしたり、竹のセットごと回転したりと、上級テクニックを駆使して観客を魅了ていました!

バンブーダンスはカルチャーショーの定番ダンス。

ショーの最後に希望者はステージでダンサーたちと一緒に踊るチャンスもあるかも!?

2-3. 陽気なお祝いイベントで欠かせないクラダン

男女ペアの可愛らしいダンス。

フェスティバルや結婚式、洗礼式などお祝いの場で披露されるダンスとのこと。

途中で男の子が女の子のスカートをめくろうとしてみたり、笑いのツボ満載のダンスです。

「クラダン」とは厚着という語源からきているそうで、比較的ゴージャスな衣装でゆったりと踊れるステップです。

留学中に先生の結婚式に招待されたら披露宴で踊ってみるのはいかがでしょうか??

2-4. キャンドルを使ったパンダ―ゴ・サ・イラウ

キャンドルの光を蛍に見立てたダンス、日が落ちて風が弱い等、環境に左右されるダンスです。

ダンサーはキャンドルを3つ持って踊るのですが、一つは頭上、2つは両手に持ってバランスを取りながら踊ります。

上手な人は優雅に踊れるのですが、慣れていない人が踊るとみている側もヒヤヒヤ。

最初から最後まで目が離せないダンスです。

2-5. アヒルの動きをまねたユーモアあふれるイティック・イティック

最後の大取りは、ユーモラスなイティック・イティック!

フィリピン・ミンダナオ島の港湾都市、スリガオ発祥のダンスとのこと。

スリガオはサーフィンの町としても有名です。

先生たちのとびっきりの笑顔につられて観客も笑顔に!

アヒルっぽい動きで、どこからともなく「クワックワッ」と聞こえてきそうな!?とてもひょうきんなダンスです。

2-6. 先生たちも生徒さん達も一緒にダンス!

先生たちによるフォークダンス披露の後は、みんなでダンスダンス🎶

バンブーダンスや、インストラクター役の先生の動きをまねるズンバ風ダンスだったり、日が陰って涼しい中、屋上で思いっきり踊ります!

リフレッシュした後はお待ちかねのディナータイム。

ディナーもフィリピン文化が楽しめる工夫が凝らしてあります。

続きは後編ブログをお楽しみに!

3.シャングリラホテルのカルチャーショー

ツアーでも人気の高いカルチャーショー。

セブ島滞在中にカルチャーショーを個人で観賞したい方は、セブ島のお隣のマクタン島の5ツ星「シャングリラホテル」のディナーショーはいかがでしょうか?

会場はホテルのプールサイドにある「ブコバー」。

フィリピンの言葉で「ココナッツ」を意味するブコを名前に冠したバーラウンジで、プールサイド(写真左下)にあります。

ヤシの木に囲まれたバーにはステージがあり、月・水・金・土の夜には、カルチャーショーやフィリピン料理ビュッフェを楽しむことができます。

「Stargate校」のカルチャーイベントの数週間前にシャングリラホテルへ宿泊する機会があり、カルチャーショーも観劇してきました。

ちなみにこちらがお部屋。

オーシャンウイング上層階ともなると、アメニティーがロクシタン!!畏れ入りました!

更に、クラブラウンジも使い放題という贅沢な2日間。

クラブラウンジでのお食事はVIPになった錯覚を覚えます。

宿泊は祝日を挟んで水曜チェックイン・木曜チェックアウト。

水曜の夜にカルチャーショーがあったので、観劇してきました。

晴れ渡った夜空にヤシの木が揺れる中でのショーは最高でした!

曜日によってショーの内容が変わります。

月曜日:ルソン島のダンス
山岳地帯の野性味あふれた自由な自然や山岳に伝わる文化や愛の物語に基づくダンスが披露されます。

水曜日:ビサヤ地区のダンス
セブ島も含まれるビサヤ地区のダンス。
ロマンスやカトリック信仰、フェスティバルがテーマのダンスが披露されます。

金曜日:ミンダナオ島のダンス
ファイアーダンスが見どころのミンダナオダンス。
火・空気・水・土の4元素や野生動物をファイアーダンサーたちが力強く表現します。

土曜日:西洋風フィリピノダンス
ノスタルジックな雰囲気を醸し出すダンスはスペイン統治時代の衣装をまとったダンサーたちによって披露されます。
スペインを始めとする西洋文化の影響を色強く残すフィリピンダンスです。

宿泊客でなくても訪れることができるので、フィリピンダンスに興味のある方は是非!

まとめ

フィリピンの文化が楽しめるカルチャーショー。

フォークダンスは3拍子の明るい曲に合わせてステップを踏むダンスが多いです。

ホテルのダンスショーではファイアーダンスが披露されることもあり見応えがあります。

フィリピンのフォークソングが気に入った方は、SMシティーのCulturaというお土産屋さんでCDが買えますのでご参考までに!

【ブコバー】
・料金 1,850ペソ~(約4,000円)/1人
・ビュッフェの時間:6 pm to 9 pm
・カルチャーショー(月・水・金・土):7:00 pm to 7:45 pm
※悪天候の場合は中止、要事前予約
・予約はウェブサイトから行えます。

関連記事

阿部 桂子

投稿者: 阿部 桂子

セブイングリッシュのお客様&経理担当
2006年からフィリピン在住
フィリピン大学セブ校マスコミ科を卒業