最新設備のスタイリッシュな「Bai hotel」のビュッフェへ潜入

こんにちは。

セブイングリッシュ留学カウンセラー兼グルメ担当の石村です。

今回、元セブイングリッシュ・インターンの山岡君と会う機会があって、彼のリクエストで最新ホテル「Bai hotel」のビュッフェ(バイキング)を食べに行ってきました。

1.2017年オープンの「Cafe Bai」

2017年9月にマンダウェ市・パークモールから数分の場所に完成したモダンでスタイリッシュな「Bai hotel」の2階に「Cafe Bai」があります。

日本資本の語学学校「IDEA CEBU校」と「BRILLIANT CEBU校」の近くにあります。

「Bai hotel」の周辺には、まだ高い建物がないので、パークモールからすぐに見つける事ができます。

今回、利用したタクシー運転手は、「Bai hotel」の場所を知っていましたが、新たらしい場所なので運転手が知らないことがあるかもしれないので、事前に場所を把握しておきましょう。

より大きな地図で 最新設備のスタイリッシュな「Bai hotel」のビュッフェへ潜入 を表示

1-2.ホテル内の店舗

完成したばかりなので、全体的に綺麗です。

今回、宿泊ではなくレストランでの食事が目的だったので「Cafe Bai」以外の部分は次回取材しようと思います。

日本人シェフが厨房で調理している日本食屋「梅(UME)」や、インフィニティプール等があるようです。

2-2.「Cafe Bai」の外観と店内

ホテルの2階にある「Cafe Bai」のロゴが目印ですが、ここに入る前に、手前のレセプションで受付で人数を伝え、入店します。

モダンな内装で4~6人で利用できるソファタイプとテーブルタイプがあり、2人でも大人数で行っても大丈夫です。

子供用チェアーもあるので、親子連れでも安心して利用できます。

2.メニュー

60種類以上のフィリピン料理、日本食、イタリアン、中華料理、インド料理、パン、デザートが並んでいました。

どのビュッフェレストランにあるフィリピンの代表的なレチョン(豚の丸焼き)、ハロハロ(日本のパフェみたいな)。

山岡君が既に戦闘態勢に入っているので、早速食べたい物を取ってきました。

できるだけ沢山の種類を食べたかったんですが、年齢のせいか5回くらいしか、おかわりできなかった~(泣)

どれも美味しいですが、個人的にパスタが気に入りました。

数種類のソースから選び、シェフが目の前でパスタを作ってくれます。

僕はボロネーゼにしたんですが、普通に美味しかったです。

最後にデザートも食べましたが、まぁフィリピンのスイーツで可もなく不可もなく、でした。

まとめ

味やお店の雰囲気や定員の対応、総合的には満足で費用もそこまで高くないので、コストパフォーマンスは良いと思います。

誕生日の場合は、誕生日の人のID(身分証明書:パスポートのコピーも可)を提示すればその人の分が無料になるので、留学中に友人のお祝いに利用してみてはいかがでしょうか?

460席もあるので、事前予約は必要はないと思います。

料金は、ランチ:599ペソ(税抜)で、ディナー:699ペソ(税抜)です。 

【営業時間】
ランチタイム:12:00NN~2:30PM  ディナータイム:5:30PM~6:00AM
ブレックファーストもあります。(料金はランチタイムと同じです。)

【電話番号】
032-888-2500

石村 千早

投稿者: 石村 千早

セブイングリッシュのお客様担当
2012年からセブシティ在住。一児のパパです。