300種類以上の料理が食べ放題!セブ島最大級のバイキング「Buffet101」

こんにちは。

フィリピン留学エージェント、セブイングリッシュのインターン生、山岡です。

先日、セブイングリッシュのスタッフ全員で、セブ島で話題のバイキングレストラン「Buffet101」に行ってきました。

ちなみに、日本で食べ放題のお店はバイキングという呼び方が主流ですが、英語ではBuffet(ブッフェ)やall-you-can-eatなどと言います。

このお店は高級レストラン並の価格ですが、ディナータイムは地元のフィリピン人で大混雑しています。

Buffet101 の場所

場所はパークモール裏側のタイムスクウエアにあります。

ここには他に「TOKYO Table」という焼き肉中心の和食ブッフェや、多数のレストランがあります。

ミケランジェロというイタリアンレストランの左にある路地を通り抜けるとお店が見つかります。

大きなお店なのですが、ちょっと見つけづらい場所です。

Buffet101

電話番号 +63 32 517 2222

Facebookページ

平日でもピーク時はかなり混み合うので、ディナーは5時半ころに行くことをオススメします。

entrance 1

お店のエントランス。

夕方6時半ごろにいきましたが、すでに大勢が順番待ちをしていました。

time1こちらが営業時間です。

ちなみに、制限時間がないので開店直後に行けば、5時間食べ続けることができます。笑

price1

こちらが料金表です。

平日ランチは599ペソ(約1,380円)、土曜ランチは699ペソ(約1,600円)。

毎日のディナーと日祝日は終日799ペソ(約1,840円)です。

ちなみに、プロモーションで誕生月の方は無料です。

ただし、4人以上のグループで1人まで。

なので、誕生月の人を含む3人で行った場合は、このプロモーションは適用されません。

必ず誕生日が証明できるIDまたは、パスポートのコピーが必要です。

location2

高級感がある白が基調の店内には、なんと580人が収容できます。

大人数のパーティルームもありました。

food1

料理がずらりと並んでいいます。

店員によると、300種以上の料理があるらしく、一周するだけでお腹が一杯になります。

DSC01056

先に飲み物コーナーから紹介します!

ドリンクも飲み放題で、地元のサンミゲル・ピルセンビールもありました。

セブ島ではビールの飲み放題をやっている店は珍しいです。

food28

ソフトドリンクからコーヒー、紅茶まで一通り揃っています。

food30

フルーツたっぷりのサングリアも飲み放題。

ただ、少し味は薄かったです。

DSC01072

シェイクゾーン。

スイカ、マンゴー、パイナップル、アップルなど種類が豊富。

スイカシェイクが、とてもおいしかったです。

food3

こちらは、フードコーナー。

丸焼きのチキン、ビーフ、ポークを目の前でさばいてくれます。

ビーフの味は、やや肉臭かったです。

こちらは人気コーナーの為、行列ができていました。

food21

魚介コーナー。

肉好きが多いフィリピンにおいて、魚をたくさん食べられる貴重なコーナー。

スタッフに食べたい魚を伝えると奥の調理スペースですぐに焼いてくれます。

生魚のカルパッチョが、とてもおいしかったです。

もちろん、後でお腹を壊すようなことはなかったです。

food10

洋食コーナー。

左からクリームパスタ、ベイクドチキン、ビーフカレー。

food22

メキシコ料理の定番タコス、トスターダスなどもあります。

food25

このコーナーは、目の前でパスタを茹で、調理してくれます。

カルボナーラ、ボロネーゼ、キノコのパスタなど全6種類が用意されていました。

オーダーと一緒にテーブル番号をスタッフに伝えると、席まで運んでくれます。

food33

続いては、野菜コーナー。

日本人にとって、肉中心のフィリピンの食生活では絶対に欠かせない生野菜。

food34

food35ドレッシングや付け合わせもたくさん。

food49

まだまだ、続きます。

次は中華コーナーに突入です。

food60シュウマイから肉まん、ワンタン、ゴマ団子。

DSC01092

food55

料理コーナーの後半には、今回の僕のお目当て日本食コーナーがありました。

早速、茶碗蒸しを発見!

ただ、名前が惜しい。。。『ちゃわんもし 笑』

food65

ばっちりカメラ目線のお兄さんが焼いてる焼き鳥は絶品です。

ただ、人気があり過ぎて補充されても、すぐになくなってしまいます。

food66

天ぷらコーナー。

エビ、ナス、カニカマ、オニオンと定番が用意されていました。

衣がたくさんついている為、ヘルシー志向の方はご注意を。

こちらも人気の為、見つけたらすぐにお皿に盛りましょう!

food69

日本食といったらやっぱり寿司。

セブで食べることができる寿司の中では十分なレベルだと思いました。

あくまで外国ベースの話です。笑

僕の場合、日本ではスシローやはま寿司等の安いチェーン店にしか行かないので、十分に納得できる味でした。

food71こんな変わり種もありました。

スパイシーサーモン巻き。

僕は怖くて挑戦できませんでしたが、勇気のある方はチャレンジしてみてください!

food75

最後にそば、刺身コーナー。

お醤油も、キッコーマンを使っており、日本で食べる刺身と大差なかったです。

ちなみに、セブイングリッシュの社長はサーモンをお皿がてんこ盛りになるくらい食べていました。笑

DSC01081

ついに、女性がブッフェで一番楽しみにしてるデザートコーナーです。

まずは、定番チョコレートマウンテン。

DSC01074

こちらのカラフルなデザートは、フィリピン名物のハロハロ。

日本語で混ぜ混ぜするという意味らしいです。

かき氷をベースにアイスクリームやゼリー、果物、ナタデココ等をお好みで載せ、食べる直前に混ぜ混ぜします。

DSC01143ゼリーやムースケーキのコーナー。

イチゴのムースケーキが甘すぎず、とてもおいしかったです。

food80

最後の締めはクレープコーナー。

好きな果物や、ソースの味を注文し目の前で作ってくれます。

女性客で賑わっていました。

セブイングリッシュの女性スタッフも食べていましたが、甘党の方にはおススメと言ってました。笑

Buffet101のまとめ

店員によると300種を超える料理があり、ちょっとずつでも1日ではとても食べきれません。

イタリア料理、韓国料理、日本料理、中華料理、西洋料理、地元フィリピン料理と世界各国の味が楽しめます。

全体的な料理の味は、大はずれはなく納得のコストパフォーマンスでした。

誕生月の無料サービスに加えて、店員がマラカスなどをもって各テーブルを回り「Happy Birth day~♪」と祝ってくれるサービスもあるので、誕生月の方は特にお勧めです。

山岡 弘卓

投稿者: 山岡 弘卓

半日英語の勉強&半日仕事のセブイングリッシュインターン生(2017年当時)
英語力0からフィリピリン留学に挑む元美容師