英語を学ぶ強い気持ちがある人にとっての第一歩として、僕はフィリピン留学を強くお勧めします。

  • 学校:IDEA ACADEMIA
  • コース:TOEIC Intensiveコース
  • 寮タイプ:外部学生寮3人部屋(2段ベッド)
  • 留学期間:5週間

1.学校に対する満足度は100点満点中、何点ですか?
80点
2.授業や先生について印象に残っていることはありますか?
今回僕が選択したコースはTOEIC INTENSIVEでした。
マンツーマン授業が4コマ、グループ授業が3コマ、さらに自由参加のグループ授業が2コマというカリキュラムで合計5週間、英語学習に専念することができました。

授業で印象に残っていることは、やはり日本では机に向かう勉強がメインだったため、先生と同じ空間の中で50分間ひたすら英語を喋るというスタイルは新鮮で、自分の英語力の向上に強く結び付いたと実感しています。
フィリピン人の先生はとにかくポジティブでどの授業に行くのも楽しみでした。

3.フィリピン人講師の発音や教え方はいかがでしたか?
以前オーストラリアで生活をしていた経験がありますが、発音に関してはそこまで大きな違いを感じることはありませんでした。
教え方に関しては、どの先生も自分の伸ばしたいポイント、また弱点ポイントに対して柔軟に対応してくれたので、バランスよく、英語のスキルを伸ばすことができたと感じています。
どの先生も自分の気持ち、そして目標に寄り添ってくれたので、勉強に集中することはもちろん、学習のモチベーションも大きく引き上げてくれました。
4.他生徒(外国人生徒・日本人生徒)との共同生活はどうでしたか?
僕が留学していた時期は日本人が3割、台湾人5割、多国籍の学生が2割というようなバランスでした。
今回が、自分にとって2回目のセブ島留学ということで、なるべく日本人以外の他の国籍の学生とコミュニケーションを取ろうとしていました。
幸いなことに同じタイミングで入学した台湾の学生と仲良くなり、授業後には一緒に勉強をしたり、休日にはオスロブなどの観光地にもよく遊びに行っていました。
また、ルームメイトがタイ人の学生アシスタントだったこともあり、日本ではあまりできない国際交流ができたと感じています。
5.寮生活(部屋設備、食事、掃除、洗濯)はどうでしたか?
部屋設備に関してはとくに困ったことはありませんでした。
時々、ネットが繋がりにくくなることはありましたが、大きな問題はありませんでした。
また、何か困ったことがあった際は、守衛の方が親切に対応してくれたので助かりました。

食事に関しては、アジア人向けの味付け、料理のチョイスがされていたように感じます。

掃除は週に2回、ハウスキーパーの方が行ってくれました。

洗濯は週に3回、決まった曜日に行ってくれました。
また、アイロンまでかけてしてくれたので非常に助かりました。

6.フィリピン・セブ島に対しての感想は?
こちらに来る前は、治安や衛生面など正直なところ不安要素はたくさんありました。
僕自身ヨーロッパに長期で住んでいたこともあり、その時の環境と比べると、やはり気をつけないといけないことは多いんじゃないか、日本人に対してどう接してくれるのか・・・、そんなことを考えていました。

しかし、セブ島で過ごした1ヶ月を振り返ってみると実に住みやすく、大きなトラブルや心配事もなく快適に過ごすことができました。

僕自身は机に向かうより実際に英語を話すことを重視していたので、週末は現地でできた友人と一緒に過ごすこともあり、人も環境も素敵なところだと感じました。

7.フィリピン留学の費用対効果は?
費用対効果は高いと感じます。
日本ではなかなか経験できない朝から夜まで英語漬けの生活です。
5週間前の自分と比較してみても、スピーキングはもちろん、TOEICのスコアも最終的に250点近く伸びて、結果にも結びついたので満足しています。
8.弊社フィリピン留学CEBU Englishの仕事は、どのように感じましたか?
直前の留学期間の変更対応に始まり、自分が求めていた現地の情報も素早く伝えてくださったり、1週間の延長にも迅速に対応して下さり、非常に助かりました。
前回の別の学校へのセブ島留学でもそうでしたが、日本から安心してセブ島に向かうことができましたし、滞在中も安心して生活することができました。
また、到着の際に頂いたグッズも非常に役に立ちました。
9.現在、フィリピン留学を検討している方に何かアドバイス等はありますか?
色々な理由で留学を考えている人がいると思います。
1年前、英語が全く喋れなかった僕はセブ島留学を英語学習の最初の1歩として選択しました。

この最初の1ヶ月で最低限の英語力、自分が思っていることを英語で相手に伝える力を身に付け、オーストラリアのワーホリへと繋げました。
そのセブで作り上げた土台があったからこそ、更に英語力をオーストラリアで身に付けることができました。
文法や単語力、英語の知識の部分は日本人の強みだと思っています。
ただ、日常で英語を話す機会がないため、それらの知識は知識のままで私たちの中に眠ったままになっていると感じます。

その力を短い時間とリーズナブルな学費で話す力に変えることができるのがセブ島留学だと思います。
英語を学ぶ強い気持ちがある人にとっての第一歩として、僕はフィリピン留学を強くお勧めします。

弊社担当からIKさんへ

IKさん、5週間のフィリピン・セブ島での留学、お疲れ様でした。前回のセブ島留学からオーストラリアのワーホリを経てセブ島へリピーターで来てくださりありがとうございます。次はIELTSに挑戦されたいとのこと、お越しをお待ちしております。セブイングリッシュのリピーター割引もご利用いただけます!本日は貴重な体験談を頂きまして、誠にありがとうございました。

留学した学校はこちら

スタイリッシュな学習環境が人気

満足度
84
U$1,100
(4週間・食事代別)
  • スピーキング特化
  • ビジネス英語
  • TOEIC対策
  • IELTS対策
色々な国籍の生徒がいます。
定員:
250人
日本人割合:
60%前後
日本人スタッフ:
5人
ネイティブ講師:
なし
学校規則:
標準

フィリピン・セブ島セブ市中心部の綺麗なオフィスビル内にある日本資本の学校です。日本食レストランやカフェ、薬局等が同じ建物内にある利便性に優れた環境です。スタイリッシュでおしゃれな空間の校舎、お客様各人の英語習得目的に合わせて構成可能なカリキュラムをしています。