GITC 最大5週間分の授業料が無料!

※4/14まで新規受け入れを一時停止中
詳しくはこちらを参照ください

イロイロシティ『GITC』にお得に留学できるキャンペーン

この度、フィリピン・イロイロシティにある語学学校GITCでは、長期留学に嬉しいお得なキャンペーンを実施します。この機会にぜひご検討ください。

GITC留学特別キャンペーン(6人部屋は対象外)

・1~11週間の滞在で、空港ピックアップ費用の$50が無料
・12~15週間の滞在で、2週間分の授業料と宿泊費無料
・16~19週間の滞在で、3週間分の授業料と宿泊費無料
・20~23週間の滞在で、4週間分の授業料と宿泊費無料
・24週間以上の滞在で、5週間分の授業料と宿泊費無料

例えば・・・
14週間の留学費用で12週間(約3か月)の留学が可能です。
16週間(約4か月分)の留学費用で20週間(約5か月分)の留学が可能です。

留学費用に含まれるもの
授業料・宿泊費・食事1日3食

※6人部屋は対象外
※+Liteコース・English+Internshipコースは対象外

※現地諸費用は含まれておりません

【GITCのキャンペーン適用条件】
2020年2月23日(日)から2020年5月31日(日)までに留学開始の方

詳細は、こちらからお問い合わせ下さい。

日本人が少ない、海沿いにある学校・GITC

人気急上昇中!イロイロ・バコロドへのマニラ空港乗り換え方法

フィリピンへの留学はまだ圧倒的に、「セブ島」というイメージが日本人には強いようですが、最近は日本人留学生が少なく、勉強に集中できる、さらに治安も良いエリアとして「イロイロ」や「バコロド」の学校の人気が高まってきています。

フィリピンの首都マニラからの飛行時間は約1時間、あっという間に到着できる穴場の留学先です。

まだほとんどの日本人には知られていない地域のため、残念ながら日本からの直行便が就航していません。
そのため、イロイロやバコロドの学校へ行くには「マニラ」、または「セブ」で乗り換えが必要です。

セブでの乗り換えはさほど難しくはないため、ここではマニラのニノイ・アキノ国際空港(以下マニラ空港)での乗り換えについて解説いたします。

マニラ空港では「発着ターミナル」に注意

マニラ空港には4つのターミナルがあります。

各ターミナル間はバスやタクシーで移動が必要なぐらい離れているため、できれば乗り換えは同じターミナルでできる方がおすすめです。
そのため、日本→マニラの航空券と、マニラ→イロイロ/バコロドの航空券は同一の航空会社を選びましょう。

旅慣れている人にはそれほど難しいことではないかもしれませんが、初めてのフィリピン、ましてやこれから英語を勉強する人にとってはターミナル移動は難しいでしょう。

マニラ空港のターミナルと発着航空会社

ターミナル1
ほとんどの便が国際線です。
ジェットスターやJALがこのターミナルに到着します。
国内線ターミナルのT2またはT3への移動が必要です。タクシーか循環バスになりますが、このターミナルからの乗り換えはあまり推奨しません。
ターミナル2
基本的にはフィリピン航空の発着便はすべてこのターミナルです。
飲食店等はほぼありません。
国際線到着ロビー1Fから、国内線出発ロビーの3Fへ移動してください。
ターミナル3
セブパシフィック航空やANAがこのターミナルです。
一番きれいなターミナルで、飲食店のフロアがあり深夜早朝便でも比較的安全に過ごせます。
国際線到着ロビー1Fから、国内線出発ロビーの3Fへ移動してください。
ターミナル4
LCCの国内線の発着が多いです。
エアアジアはこのターミナル発着です。

日本からはセブパシック航空かフィリピン航空で!

以上を考慮すると、マニラ空港での乗り換えがスムーズにできるのはターミナル2または3になります。

そのため、航空会社はセブパシフィック航空(T3)フィリピン航空(T2)で、国際線(日本⇔マニラ)も国内線(マニラ⇔目的地の空港)も揃えて買うのがおすすめです。