日本人生徒の割合


日本人生徒の割合も、気にされる方が多いポイントだと思います。

1日の授業時間が長く、しかも、その多くがマンツーマン授業や小人数グループ授業の、フィリピンの語学学校に留学する場合には、仮に日本人生徒が多い学校であっても英語漬けになる時間は十二分にあります。

しかし、それでも、英語が初~中級の方には、日本語を排除して英語に頼るしかない環境を一定期間、強制的に作り出してしまうことが英語脳になる近道かと思います。

また、日本人生徒が少ない学校を、あえて選ばれる日本人留学生の多くは、お互いの英語の勉強に影響を及ぼすことがないようにと考える生徒が多く、留学中には同じ日本から来た留学生が困っているようなときは助け合いますが、普段は日本人だけで固まって行動する方は少ないようです。

日本人生徒だけで固まって行動をしていない生徒は、他国からの留学生グループからも誘いやすい存在になるため、より英語を使う機会が増えるとも言えます。

そういった考えから、日本人生徒が少ない、日本人職員が在籍していない学校を留学先として選ぼうとする英語初心者や海外未経験者の方も多いと思います。

それでも、やはり初めての海外や初めての留学という不安から、最終的には、日本人職員が居たり、日本人生徒が相当数いる学校を選んでしまいたい気持ちになるかもしませんが、何らかの問題が発生した時には、セブに拠点がある弊社がサポートしますので、日本人が少ないからといって、不安に感じることはありません!

なお、セブでは韓国資本の学校が多いという事情から、韓国系で日本人割合の低い学校では、あるデメリットが発生しがちです。それは・・・
辛い食事が中心となる
弊社CEBU Englishも、学校の食事メニューはどうしようもありません(汗)
辛いものが、どうしても苦手!という方は、ご一考ください。
★学校付近にある日本人好みの美味しい飲食店や日本食屋情報はたくさん持っていますので、お気軽にご相談ください。