セブ島の海の幸をいただきに!海鮮ビュッフェ「Sea Food City(シーフードシティ)」

こんにちは。

セブイングリッシュ留学カウンセラーのケイコです。

四方を海に囲まれたセブ島では、新鮮なシーフード料理を楽しむことができます。

せっかくなら、色んなシーフードを思う存分楽しみたいという方へ!

セブシティにある、「Sea Food City(シーフードシティ)」の海鮮ビュッフェが超おすすめです。

活きの良い海鮮を、自分で指定した調理法で、その場で調理してもらえます。

1.セブ島で楽しめるシーフード

赤道よりやや北に位置する亜熱帯のフィリピン、セブ島に留学中に、日本ではお目にかかれない果物や野菜、シーフード類を目にする機会も多いと思います。

セブ島のセブシティでは海が近いせいか、シーフードレストランを多く見かけます。

1度に沢山の種類のシーフードが食べられ、新鮮、美味い、安い、と3拍子揃っているのが、「Sea Food City(シーフードシティ)」です!

今回、「Stargate校」の新しいメンバーの歓迎会にお呼ばれしたので行って来ました。

いつもは、1人1,200ペソで食べ放題ですが、この日は、749ペソのプロモ中でした!!!

(このプロモは終了しています。)

2.「Sea Food City(シーフードシティ)」の場所

「Sea Food City(シーフードシティ)」は、セブシティのショッピングモール、Ayala(アヤラ)近くにあります。

グランドコンベンションセンター内の1階にあります。

タクシーで行くときは、「Cebu Grand Convention Center」と言えばOKです。

Ayalaモールからは、約3~5分(100円前後)です。

3.「Sea Food City(シーフードシティ)」の外観と店内

グランドコンベンションセンターは、結婚式場や、会議場としても使われている中規模の複合施設です。

「Sea Food City(シーフードシティ)」は、グランドコンベンションセンターの1階にあります。

写真を撮っている仲良し2人は、「スターゲート校」の日本人インターン生のEmmaさん(左)と、Sarahさん(右)です!

食べ残しやお持ち帰りの場合は、1人当たり1,450ペソ、追加徴収されますよ!と注意書きがあります。

店内は、300人くらいは軽く収容できるくらいの広さがありますが、人気店なので、念の為予約していくのが良さそうです。

4.ビュッフェエリアと、注文

席を確保した後は、新鮮なシーフードが並ぶビュッフェリアにGO!

店員さんに、何をどれくらい、どのような調理方で食べたいか、オーダーを入れます。

今回、注文は、「Stargate校」のお食事を監修している日本人管理者のノリさんにお任せです!

テキパキとオーダーを出すノリさん、店員さんともすっかり打ち解けています!

種類は多くありませんが、作り置きの料理も並んでいます。

5.海鮮食い倒れ!

まず、代表のオープニングスピーチで、、、新しいメンバーへの歓迎と激励の言葉がありました。

新しいメンバーは、前述のEmmaさん、Sarahさん、ノリさん!

セブイングリッシュのメンバーともども、宜しくお願いします~(笑)

料理が出来上がるまで時間が少しかかるので、その間は作り置きのビュッフェでお食事スタート。

美味しいんですが揚げ物が多く、ここで欲張って食べ過ぎると後で後悔することになるので、味見程度にとどめておきましょう!

注文から20分程で、次々と海鮮料理が、テーブルに所狭しと並びます!

刺身

この魚、、何という名前か分かりませんが(汗)淡泊な白身で、刺身で美味しく頂けました。

粉わさびを練って作ったワサビと醤油もサービングされます。

お好みで、カラマンシー(シークワーサに似た、柑橘系の実)も加えて頂くと、さっぱりとして美味しいですよ!

蒸しエビ&エビのハニーガーリック揚げ

エビ!フィリピンではエビの養殖が盛んなので安いのかと思いきや、単価はシーフードの中では中の上みたい。

他のレストランでは、エビ料理1皿だけで350ペソ(約800円)することを考えると、無制限にオーダーできるなんて、贅沢すぎます!

今回、エビ料理は、シンプルに蒸したものと、ハニーガーリック味で揚げたものの2種類を頼みましたが、お味の方は、蒸しエビに軍配が上がりました。

プリップリで美味しかったです。

ホタテ貝の中華風炒め


ホタテの貝柱が贅沢に入っています。

野菜も食べたい方は、この料理がおすすめです。

イカ墨の炒め物

見た目のインパクトが半端ないイカ墨の炒め物。

イカと一緒に、パンチの効いたガーリックが入っています。

ビールのおつまみに合う、ピリ辛料理です。

イカの炭火焼き


炭火焼きならではの香ばしい焼き上がりの一品。
(マヨネーズが欲しい!!)

イカの中には、香辛料やハーブ系の葉が詰められていますが、こちらは香りづけ用なので、食べないよう、ご注意を!

蟹の揚げ物

蟹の丸揚げ!!

食べやすいように切れ目が入っているので、手でパキパキ折って、身を頂きます。

これも、おつまみにピッタリのお味。

蒸し牡蠣


日本の牡蠣から比べると、随分と小ぶりですが、味はちゃんと牡蠣の味です(笑)。

他のテーブルでは、下記にチーズとガーリックをまぶしてグリルにしていて、それも美味しそうだったなぁ(隣の芝は青く見える、、ってのでしょうか 笑)

小蟹と、ナマズの揚げ物


ちょっとレアな食材を試してみました。

小蟹の大胆な丸揚げに、ナマズ!!

ナマズは淡泊で、意外と美味しかったです。

(1匹でかなりのボリュームがあるので、大人数で行った時に試してみてください。)

6.スターゲート校&セブイングリッシュメンバーの写真

集合写真、全員で17名です!

欲張って注文すると、とんでもない量がテーブルに並び圧倒されますが、食べ残してしまうと、ペナルティーがあるので、みんな食らいつきます(笑)


みんなのチームワークで完食です!

最後に、エントランスで記念写真を撮りました!

まとめ

大人数で行くのがお勧めの「Sea Food City(シーフードシティ)」。

シーフードだけでなく、鶏肉のBBQや、から揚げ等もあり、万人受けするビュッフェだと思います。

調理方法のオーダーに自信がなくても心配ご無用!

店員さんがアシストしてくれますし、「Sea Food City(シーフードシティ)」のFBページに写真が色々あるので、下調べしてから行ってみるのも良いと思います!

気になる料理があったら、店員さんに写真を見せてオーダーするのが手っ取り速いと思います。

「Isla Sugbu Seafood City」
【住所】Archbishop Reyes Ave, Cebu City, Cebu 
Cebu Grand Convention Center 1F (グランドコンベンションセンター内の1階)
【営業時間】
ランチ: 11:00~14:00
ディナー:18:00~22:00
【電話番号】032-260-8000
【予算】1,200ペソ~/1人 
※食べ残しがあったらペナルティー料金が徴収されます。

阿部 桂子

投稿者: 阿部 桂子

セブイングリッシュのお客様&経理担当
2006年からフィリピン在住
フィリピン大学セブ校マスコミ科を卒業