セブ島に日本人医師が常勤する「セブ・ジャパニーズ・クリニック(Cebu Japanese Medical Clinic)」がオープン

こんにちは。
セブイングリッシュの小出です。
今日は、2018年7月にオープンしたばかりの、「セブ・ジャパニーズ・クリニック(Cebu Japanese Medical Clinic)」をご紹介します。

1.セブ・ジャパニーズ・クリニックとは???

セブ島在住の日本人や、旅行や語学留学でセブ島に短期滞在する日本人の為の病院です。

セブ渡航前に海外旅行傷害保険に加入しておけば、キャッシュレスで診療が受けられます。

クリニックがあるのは、フィリピンの中では最新の検査機器があるMaayo Medical内です。
血液検査やCT、MRI等の検査結果を、経験豊富な日本人医師にみてもらって日本語で説明してもらえるので英語初心者にも安心の病院です。

プライマリケアが中心で、内科、小児科(生後6ヶ月以上)や傷処置などの診療を行っています。

2.セブ・ジャパニーズ・クリニックができたきっかけ

セブには数千人の日本人が定住しています。さらに留学生が年間1万人以上、旅行者はその数を遥かに上回ります。

定住している日本人は高齢者も多くなってきていて、日本人が増え続けているにも関わらず、日本人の医師がこれまでおらず、言葉の問題も含めて満足できる医療がうけられないという声がありました。

そういったニーズを、創設者がセブで長年活動しているセブ日本人会の理事の方々などに聞いたりして、協力をえながら開院する運びになったそうです。

3.常勤している平田医師

常勤している平田医師は、日本では内科と救急医療の専門ですが、子供(生後6か月以上)や傷処置なども診ています。

タイの熱帯医学研究会で研修を受けたり、海外で勤務していたこともあって、デング熱などの南国特有の病気についても経験があるとのことでした。

仕事に真面目な方でフィリピンの医療の実態を知りたい探求心や、現地で困ってる人達の役に立ちたいという想いから赴任を決めたそうです。

先生は、フィリピン人も含めて、どういった病気の患者がセブにいて、どのような検査や治療が行われているかについても、もっと知りたいし、セブに住んでいる日本人がどういう疾患で悩んでいるのかなど、時間をかけて調査していきたい。
また、衛生面と病気の関連性など、医療に携わるものとして、もっと探求していきたいし、セブ島で生活している人達に自己管理の仕方や、軽い症状での対処法や処方箋なしで買える薬の知識についても伝えたり、どのようなときに病院にくるべきかなども広めていきたいとのことでした。

医療者という立場において、表に出ず裏方に徹したいという考えから写真はNGでしたが、見た目も話す雰囲気も若くて、とても情熱が伝わってくる先生でした。

4.その他の日本人職員

セブ・ジャパニーズ・クリニックには、他に2名(男性と女性)の日本人職員が働いています。
この日は、石井さんという男性スタッフにもお話を伺いましたが、石井さんはタイ、カンボジア、ネパールで医療コンサルとして働いた経験があり、今回、セブ島で新しいクリニックの立ち上げの話があったので、協力させてもらうことにしたとのことでした。
石井さんも若くて、さわやかな印象の方ですが、こちらも平田医師と同じ理由で写真はNGでした。

5.海外旅行傷害保険に入ってきてください!

セブ・ジャパニーズ・クリニックでは、セブ渡航前に海外旅行傷害保険に加入しておくとキャッシュレスで診療が受けられます。

主要な保険会社の保険に対応しているそうです。

キャッシュレス診療を受けるには、パスポートと海外旅行傷害保険証を忘れないようにしましょう。

また、留学生の場合、パスポートがビザ延長手続き等で手元にないことがあるかもしれません。
その場合、コピーでも大丈夫ですが、顔写真のページに加えて、日本出国印のページのコピーも必要になるのでご注意ください。

あと、診察の電話予約をする際に、海外旅行傷害保険について申し出て、指示にしたがってください。

それと、クレジットカードの付帯保険を利用したい場合も予め電話で相談して欲しいそうです。

海外旅行傷害保険に加入していない場合、診察料を直接、支払うこともできますが、90USドルで、フィリピンペソに換算して支払えます。
また、これは診察料だけなので、薬代や検査代は別にかかります。

診察料だけで、約1万円と、かなり高いので絶対に保険加入してきたほうがいいです!

6.入院になる場合は???

セブ・ジャパニーズ・クリニックのあるMaayo Medical内には入院施設がないので、特に重篤で入院が必要な場合は、提携しているマンダウェ市のチョンワ病院等で入院するようになります。病院間の移動は、車で15分前後です。

7.行き方や営業時間

【住所】
 1F,Maayo Medical, マンダウエ市、セブ
 総合受付の奧にジャパニーズ・クリニックがございます。
 マクタン島ニューブリッジから車で3分。セブシティからは車で20~30分前後
 タクシー運転手には、Maayo Medical near New bridgeで通じます。

【対象】
 日本人のみ(海外旅行傷害保険の利用は予約時に相談してください)
【診療内容】
 内科・プライマリケアー(小児は生後6ヶ月以上)、健診・検診
【設備】
 薬局、血液検査、レントゲン、CT、MRIなど
【予約受付】
 月曜〜土曜 午前9時〜午後4時
【連絡先】
 ℡: (+63)-94-5855-4787
 Mail :info@maayo-jp.ph
 URL: https://maayo-jp.ph

◆おまけ◆ 同じ建物敷地内に、美味しい日本食屋「幸(Sachi)」

同じ建物敷地内に在住日本人に人気の安くて美味しい日本食屋「幸(Sachi)」があります。ラーメンや、たこ焼き、お好み焼きが人気メニューです。
ただ、病院内から行こうとすると場所がわかり辛いので病院の総合受付で確認してください!

小出 将人

投稿者: 小出 将人

セブイングリッシュ代表
2009年からセブ島初の現地を拠点とした留学エージェントを運営
セブ島で家族と一緒に住んでいます。