【Circa1900 CASA DOS】フィリピントップレベルのバーテンダーのカクテルが楽しめる隠れ家レストバー

こんにちは。

セブイングリシュ、留学カウンセラーのケイコです。

素敵な洋館を改築した創作料理が楽しめるCirca1900。

オーストラリア人シェフとフィリピン人の奥様の経営する素敵なレストランです。

広い敷地を持つCirca1900には、1号館 CASA UNOと2号館 CASA DOSがあります。

カジュアルに楽しめるCASA DOS2号館(CICADA TAPAS+BAR)では、フィリピンを代表するバーテンダーによるカクテルがお手頃価格で楽しめるんです!

カクテルにフォーカスしてご紹介します。

1.瀟洒な洋館をリニューアルした隠れ家レストラン

Circa1900は、2014年にオープンしたCASA UNO1号館と、CASA DOS2号館の、2つのレストランの総称です。

CASA DOS2号館は、2016年7月オープンしました。

CASA UNO1号館は、カスティロ家が、CASA DOS2号館はへレザ家が所有していたコロニアル形式の洋館を、建築様式はそのまま保全しつつレストランにリニューアルした、お洒落なレストランです。

今回ご紹介するCASA DOS2号館を所有していたへレザ家は、セブ島でも影響力のある名家だったそうで、要人達も数多くへレザ家を訪れたそうです。

今でも地元のセレブや有名人がお忍びで利用するレストランです。

CASA UNO1号館がメインコースを楽しめるフォーマルな雰囲気なのに対し、CASA DOS2号館は単品から頼みやすいカジュアルな雰囲気のレストランです。

ケーキやパンも充実していて、週末のお昼やティ―タイムにも気軽に立ち寄りやすいお店です。

バーでは、バーテンダーさんに、その日の気分にあったカクテルを作ってもらうこともできますよ!

2. Circa1900の場所

Circa1900は、セブ市の山側、JYスクエアショッピングモールからほど近い場所にあります。

大通りからの目印の看板、見落としがちなので目を凝らしてみてください。(笑)

タクシードライバーさん達の中ではマイナーなレストランなのか、今までタクシーで「Circa1900」と伝えてすぐにわかる人はほとんどいなかったので、場所を伝えるのが不安な場合は、配車サービスのGrab Car/TAXIを利用してアプリ上で場所の指定を先にしておく方が無難だと思います。

大通から路地を数百メートル進んだ行き止まりの一画の広々とした空間にレストラン2棟があります。

向かって右手側(写真上)がCASA UNO1号館で左手(写真下)がCASA DOS2号館です。

3. CASA DOS二号館の外観と内観

ベランダ

30人収容できるベランダからは、セブ市内の4つ星ホテル、ウォ-ターフロントが見えます。
食後のカクテルやワインを片手にゆっくりとくつろぐのにピッタリの場所です。

プールサイド

500ペソ(約1,200円)で、お食事+プール利用ができます。
500ペソの内、300ペソはお食事代に使えちゃいます。
セブ市内にいながら、リゾート気分が味わえます!

ポコ

スペイン語で「小さい」という意味だそう。
その昔は主寝室として利用されていたとのこと。
20人入る、小さめのお部屋で、会議やプライベート使用におすすめのお部屋です。

Casa Dos ガーデン


緑が映えるガーデンは200名と、大人数のパーティーに対応可です。
海外挙式を考えている方、憧れのガーデンウエディングの会場候補にいかがでしょうか?

個室

約60人入る、大きめのお部屋です。
貸し切り利用もできるので、ちょっとしたパーティーにもってこいです。

屋外パーティー会場

プールサイドにある、鯉が優雅に泳ぐ池の側で流水の音が涼しい、屋外パーティー会場です。
披露宴会場としても利用できます。

4. CASA DOS二号館のメニュー

お食事は、お酒やワインに合う料理が多いです。

メニューは結構な頻度で変わり、行くたびに新たな発見があります。

メニューのカテゴリーはこちら↓
Soup:スープ

All Day Breakfast:朝食メニュー(終日オーダー可)

Salad:サラダ

Bits to Share:一口サイズのおつまみ系料理

Tapas:タパス

Stuff on Bread:調理パン

More Hungry:メインメニュー

Stoned Baked Pizza:石窯ピザ

※引用元:www.circa1900cebu.com

5.お食事とカクテル

5-1. お食事

メインのお食事はCASA UNO一号館で、二次会にCASA DOS二号館に行くのもあり!

CASA DOS二号館のお食事の中で私が毎回注文するのが「Barbecue Calamari & Shrimp with Pomelo, Green Mango, Lettuce, Mint, Coriander & Asian Dressing P245」。

、、一言に訳すと(笑)イカ&エビのマリネのシーフードサラダ、美味ですよ!

この日はセブイングリッシュの新しい留学カウンセラー、ユリカさん(写真右)と一緒に行きました。

せっかくなので、一言自己紹介をお願いします!

「こんにちは。7月から新しくセブイングリッシュの留学カウンセラーに加わりました、鈴木ユリカと申します。セブ島での語学留学を経て留学サポート業務に携わりたいと思って現在に至ります。留学のことなんでもお気軽にご相談いただければと思います!(^^)!よろしくお願いします!」

ユリカさんのブログ記事も良かったら見てみてください。

この日は「Stargate校」の事務職員のクレアさん(写真左)にばったり会いました!

いとこの誕生日パーティーでご親族一同での来店だそう!

5-2. カクテル

さて、CASA DOS二号館で是非試して頂きたいのが、カクテル!

バーテンダーのリムウィルさんがクールにカクテルを作ってくれます。

笑顔がとっても素敵なバーテンダーさんです。

カウンター席では目の前で作ってもらえ、何だか特別感があります(笑)

リムウィルさんは5月にシンガポールで開催されたバーテンダー世界大会、「BARSTYLEZインターナショナル・バーテンダー・チャンピオンシップ・ザ・ビッグ・マッチ2019」にフィリピン代表として参加、アジアカクテル部門で6位入賞の実力の持ち主なんです!

引用元:https://www.facebook.com/CircaCebu/?ref=br_rs

リムウィルさんオリジナルのカクテル、「1900 B.C.」「PINAFIESTA」はここだけでしか味わえないプレミアものなので、是非試してみてください。

私はカクテル初心者なので、クラシックカクテルから勉強中です(笑)

これまでに試してみたカクテルをご紹介します~!

ピニャ・コラーダ

女子ウケのいい、甘いカクテル。
ラムをベースに、パイナップルジュースとココナッツミルクを砕いた氷と一緒にシェイクして作ります!
常夏のセブ島のイメージにピッタリのカクテルです。

テキーラ・サンライズ

テキーラベースのグラデーションが綺麗なカクテルです。
オレンジを朝焼けの空、グラスの底に沈んだグレナデン・シロップを太陽に見立てて、この名前がついたそうですよ!

カミカゼ

ウォッカベースの辛口カクテルです。フレッシュライムジュースがアクセントになっています。
味の切れの鋭さが命名の由来だとか?

ロングアイランド・アイスティー

ウォッカベースの見た目も味も紅茶そっくりなカクテル、、ですが、名前に騙されてはいけません!
かなりアルコール度数が高く、レディキラーカクテルという別名もあるほど!

モヒート

ミントとライムが爽やかやなラムベースのカクテル。
ちなみに、ラム酒だけを味わいたい場合、フィリピンのご当地ラム酒の有名銘柄DON PAPAも置いてあるのでバーテンダーさんに尋ねてみてくださいね♪

ブラッディ・マリー


ウォッカをベースでトマト・ジュース入りのカクテルです。
ペッパーも効いていて、なかなか美味しいですよ!
辛口好きにおすすめしたい一杯です(笑)

ダイキリ


ラムをベースとするショートドリンクで、ラムを使用したカクテルの代表格とのこと。
すっきりとした飲み口ですが、やや辛い大人の味です。

5-3. 食後のデザート&シェイク

甘党には外せない食後のデザート!

どれも美味しいのですが、私がほぼ毎回頼むのがクリームブリュレ。

食後に1個は中々のボリュームなので、シェアして丁度いいサイズです。

お酒が強くない方もご安心を、シェイク等、ノンアルコールのお飲み物も充実していますよ。

ベリー系のシェイク、思いっきり甘い飲み物が欲しい時にいいですよ~!

ジンジャーが効いたシェイク、さっぱりお口直しをしたいときにどうぞ!

アイスカフェモカ、下がコーヒー味チョコレートで上がミルクの2層になっています、けっこう甘めです。

まとめ

お食事だけでなく、カクテルや、プールでのスイミングなど、マルチに利用できるにCASA DOS二号館。

セブ市内にありながら、ヨーロッパにいるような錯覚になる、お洒落な異世界空間です。

セブ島留学中にリフレッシュしたいとき、週末にカクテルナイトを楽しみたいときに立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

大通までちょっと距離があります、夜は街灯が少ないので、帰りは配車サービスのGrab Car/ TAXIの利用をお勧めします。

Circa1900 CASA DOS2号館
【住所】Sanjercasvil Road, Gorordo Avenue, 6000 Lahug, Cebu City
【電話番号】(032) 417 3886
【営業時間】8:00 AM to 12:00 MN
【予算】1人500ペソ~

阿部 桂子

投稿者: 阿部 桂子

セブイングリッシュのお客様&経理担当
2006年からフィリピン在住
フィリピン大学セブ校マスコミ科を卒業